猫が『覚えやすい名前』ベスト3♡理由と名付けの時に意識するポイントとは?

猫が『覚えやすい名前』ベスト3♡理由と名付けの時に意識するポイントとは?

猫は毎日呼ばれる自分の名前を覚えることができます。今回は「猫が覚えやすい名前」ベスト3を紹介いたします。その理由や、名付ける際のポイントも合わせてご覧ください。

1184view

猫が覚えやすい名前ベスト3!!

並んで首をかしげる二匹の猫

猫も自分の名前を覚えることができます。せっかくなら覚えやすい名前をつけてあげたいですよね。

そこで、今回は「猫が覚えやすい名前」ベスト3を紹介いたします。その法則や理由も合わせてご覧ください。

1位:モモ・ココ・茶々など

猫は単語程度なら覚えることができます。意味を理解しているというよりは「音」として記憶し、そこに飼い主さんの雰囲気を重ねて覚えるのです。

モモやココ、茶々のように連続した音はリズムが良く、覚えやすい名前になります。

2位:ムギ・ソラ・リンなど

ムギやソラ、リンのようにシンプルで短い名前も覚えやすいでしょう。そして、名前を呼んだときに声が高くなることもポイントです。

猫は高い音を好むので、モモやココも含めて聞き心地が良い名前になります。

3位:レオン・マロン・さくらなど

先程までとは文字数が異なりますが、3文字の名前も覚えることができます。

文字数が1つ増えるだけで、かなり幅が広がりますよね。出会った季節や、愛猫の特徴から連想されるものなど、様々な由来ができそうです。

命名のポイント

振り向く猫

2位を発表した際に「高音」というポイントを紹介しました。他にも名付ける際のポイントがあるので、いくつか紹介いたします。

一定の音やリズムをキープしやすい

モモやソラなどは、発音した時に一定のリズムや音を保ちやすい名前になります。

猫にとって名前は「音」が重要になるので、口調が変わらないほうが覚えやすいでしょう。

同居動物とは異なる響きを意識する

例えば「マロン」と「メロン」では、名前と響きが似てしまいます。

恐らく飼い主さん自身も混同するかと思いますが、動物達もまた「どっち?」と戸惑う場面が出てきてしまいます。

多頭飼育をする際は、それぞれ異なる響きの名前をつけてあげると良いでしょう。

まとめ

かごから顔を出す3匹の子猫

猫が覚えやすい名前と、名付ける際のポイントについて紹介いたしました。

2音の連続や2文字の名前、3文字の名前は猫にとって覚えやすい名前です。これから猫を迎える方は参考にしてみてください。

ちなみに虎太郎なら「こっちゃん」や、ミルクなら「みーちゃん」などの愛称でも覚えやすくなります。

名前は飼い主さんから愛猫に贈る最初のプレゼントです。愛猫が覚えやすい響きを意識しながら、素敵な名前が見つかるといいですね。

スポンサーリンク