猫に有害な『人間用アイテム』3選

猫に有害な『人間用アイテム』3選

人間が日常的に使っているものを、猫と兼用していませんか?人間と猫は仲良く生活できるとはいえ、全く違う生き物。猫にとって有害な日用品もあるのです。猫に使うのはリスクが高い人間用アイテムを3つご紹介します。

1085view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.食器洗剤

水を飲む猫

猫の食器を洗うとき、一般的な食器洗剤を使っていませんか? 

多くの食器洗剤には界面活性剤が入っており、これは少量でも猫が口にすると危険な成分。人間より体が小さい猫にとって、界面活性剤はほんの少しの量でも、嘔吐や下痢などを引き起こし、肝臓や腎臓などの内臓機能にも悪影響をおよぼします。
実際に死亡例もあります。

きちんと洗い流せば問題ないものの、猫は直接食器をなめる動物です。微量でも化学成分が残っていると、猫の口から体内に入る可能性があります。特に水のお皿は、すすぎ残した化学物質が飲み水の中に出てくることがあるので要注意です。

猫の食器を洗うときには、メラミンスポンジでこするだけでも大丈夫ですが、猫の唾液にふくまれる「バイオフィルム」を洗浄するためには、猫用の食器洗剤を使うのがおすすめです。

2.シャンプー

シャンプーされる猫

猫は常にグルーミングで体をキレイにしているので、基本的にシャンプーは不要の動物です。しかし、糞尿がついて汚れてしまったときや、毛玉対策でシャンプーすることがありますよね。そのときに、人間用のシャンプーを猫に使うのはNGです。

人間用のシャンプーには、髪の修復成分やコーティングなど、猫には不要な成分が多く入っています。人間の皮膚とpHが異なる猫の皮膚。人間のシャンプーは猫には刺激が強すぎるため、皮膚が炎症をおこしてしまうおそれがあるのです。

また、わずかでもすすぎ残していると、猫がグルーミングをするときに化学成分をなめてしまうリスクもあります。猫の健康を最優先するなら、猫専用シャンプーを使うようにしましょう。

3.消毒液

スプレーボトルを見る猫

コロナ禍の必須アイテムである消毒液ですが、アルコールタイプは猫には危険です。

主成分であるエタノールを人間は体内で分解できますが、猫は分解する酵素を保有していません。たとえばスプレータイプのアルコール消毒液が猫の体にかかって、グルーミングでなめてしまうと、中毒症や重症の場合は命が奪われることもあります。

猫のいる家庭で消毒液を使うとしたら、次亜塩素酸水がおすすめです。これは動物病院でも使われていて、ウイルスの除菌やニオイの元から消臭する力があり、ペット用品に吹きかけることも可能です。

今はペット専用の消毒液のほか、ペットに使える除菌消臭グッズも売られているので、猫を飼っているご家庭では、猫に安全な商品を選びましょう。

なお、ペットにも使える次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは全く別のもの。名前が似ていますが、次亜塩素酸ナトリウムは猫にとても危険なものなので要注意です。

まとめ

エプロンして振り返る猫

猫と一緒に暮らすなかで「人間が使えるから、猫も大丈夫でしょ?」というのは安易な考えです。殺虫剤や接着剤、タバコなど、明らかに猫に有害と思われるもの以外にも、猫にとって危険な日用品はまだまだあります。

今回紹介した人間用アイテムは、「兼用」ではなく「猫専用」としての準備することおすすめしました。しかし、人間が普段当たり前に使っているアイテムの中にも、猫にとってリスクのあるものはたくさん存在します。

ハンドクリームや化粧品、アロマオイルなども猫にとってはリスクがあるアイテムなので、自分の身近なものが猫にとって本当に安全なものか否かを、今一度考えてみることをおすすめします。

スポンサーリンク