猫が『飼い主のお腹の上』を好む4つの理由♡乗らない子との違いは何?

猫が『飼い主のお腹の上』を好む4つの理由♡乗らない子との違いは何?

飼い主さんが横になっていると、すかさず愛猫がお腹に乗ってくることはありませんか?なぜそのような場所にわざわざ、猫は乗ってくるのでしょうか?逆に、乗ってきてくれないのは、なぜなのでしょう?

746view

1.温かいから

お腹に乗る猫

飼い主さんが寝ていると、もふっとお腹に乗ってくる猫。どうしてわざわざ乗ってくるのかというと、それは「温かいから」でしょう。夏は乗らないけれど、寒くなってくると乗る場合は、暖をとっていると考えられます。

多頭飼いでは複数の猫に乗られ、嬉しいながらも苦しい思いをする飼い主さんも少なくないでしょう。お互いの体温でぽかぽかと温まり、幸せな気持ちにもなれます。難点は、トイレなどに行きずらくなるという点でしょうか。

2.甘えている

一緒に寝る猫

飼い主さんのことを信頼して甘えているからこそ、猫はお腹の上に乗ってきます。母猫のように思っているのかもしれません。柔らかいお腹の上は、子猫の頃、母猫に守られていたときを彷彿とさせます。

お腹の上で両手を交互にふみふみする場合は、すっかり子猫気分になって甘えているのでしょう。そのまま、したいようにさせてあげるとよいようです。

ただ、ふみふみするときは爪が出ますから、尖っていると飼い主さんのお腹に突き刺さってしまいます。痛い思いをしないよう、マメにカットしておくと安心です。

3.安心できるから

コミュニケーション

母猫のような存在だと思っている飼い主さんのお腹の上にいると、猫は安心します。温かいしホッとできるし、最高のスポットなのでしょう。万が一危険が迫ってきても、飼い主さんが守ってくれる!と思っているのかもしれません。

飼い主さんも愛猫の安心している顔を見て、ホッとできるのではないでしょうか。ナデナデするときっと、幸せそうにゴロゴロしてくれます。こんなほっこりできる時間は、なかなかないでしょう。

4.自分のものだと主張している

ボクのにゃ

愛猫がお腹の上に乗ってくると、飼い主さんは身動きが取れなくなります。そのため、独り占めしている気分になれるとか。猫にはナワバリ意識がありますから、「この人は自分の!」と主張していると考えられます。

もし他の猫が近寄ってこようものなら、「シャーッ!」と威嚇して取り合いになることでしょう。それだけ飼い主さんのお腹の上は、猫にとって魅力的なのです。

お腹に乗ってこないのは?

こちらを向く猫

猫が乗ってこない場合に考えられる理由としては、「信頼関係ができていない」「猫が自立した性格」「暑いから」などが考えられます。

お腹の上に乗るということは、至近距離で近づくことになります。もし信頼関係ができていなければ、猫はそのような距離感では近付きません。まずはしっかりと信頼されるようにすると、乗ってくる可能性が高まります。

また、元々あまり人には甘えず、自立した性格の猫の場合も、乗ってこない場合が。無理に乗せようとするのもよくないため、愛猫の好きにさせてあげるとよいでしょう。

夏などで暑いと、ぽかぽかするお腹には、乗ってこないことが多いです。猫によっては関係なしに乗ってくる場合もあるようですが、大半は暑いときには乗らないでしょう。寒さを感じてくればきっと、また乗ってきてくれるはずです。

まとめ

シロクロマロコロン+三兄弟くん

愛猫がお腹に乗ってきてくれると、嬉しいと感じる飼い主さんが大半ではないでしょうか?理由は何にせよ、きっと幸せな時間が過ごせるはず。用事があるときは困ってしまいますが、愛猫との触れ合いを、満喫したいですね。

スポンサーリンク