猫が「絶対許せない!」飼い主がする4つの行為とは

猫が「絶対許せない!」飼い主がする4つの行為とは

人と猫では行動に対する目的の捉え方や意味の解釈が異なります。普段、飼い主さんが何気なくとっている行動も猫は内心怒っているかもしれません。今回は猫に嫌われてしまう行動を紹介します。

2706view

1.しつこく撫でる

撫でられている猫

有名な話ですが、猫はしつこく撫でられることを嫌います。せっかく整えた毛並みが乱される、長時間撫でられて、もういいと感じるなど様々な理由で嫌がります。あまりにも、しつこく撫でる回数が多いと猫が警戒心を抱くかもしれません。

特に食事中や熟睡中に撫でると、猫がビックリしてしまいます。ストレスの原因にもなるため、猫がお取込み中のときは触らないであげましょう。

2.大声で叱る

飼い主に怒られる猫

人間よりも、聴力が優れた猫にとって大声で怒鳴ってくる相手は恐怖の対象です。たとえ、しつけ目的であったとしても猫は怒鳴っている言葉の意味を理解できないため、飼い主さんが威嚇している・脅していると捉えてしまいます。

甘噛みされたときなどは痛みで感情的になりやすいですが、猫との信頼関係を考えると大声で怒鳴ることはぐっと堪えた方が賢明です。

3.体罰

こぶしを握る男性と猫

猫がイタズラをしたとき、叩くなど体罰でしつけようとするのはNGです。大声で叱るのと同じく、猫はどうして体罰を受けたのか意味を理解できません。場合によっては、信頼していた飼い主さんに裏切られたと、猫が警戒心を抱く恐れもあります。

猫は人間よりも体罰による教育効果が薄いことは理解しておきましょう。

4.拘束する

爪切りされる猫

猫は拘束されることが大嫌いです。猫と暮らしていて拘束する機会なんて、そうないと思いがちですが、爪切りや歯磨き、動物病院に連れていく際の抱っこも含まれます。お世話のために拘束したとしても、猫からしたら許せない嫌な行動のようです。

とはいえ、爪切りや歯磨きなどのお世話は猫の健康を守るために欠かせない行動でもあります。せめて、短時間で解放してあげられるように意識してあげると、嫌われずに済むかもしれません。

まとめ

不満そうな猫

最近の研究では、猫の記憶力は犬よりも優れていると報告されています。記憶力がいいため、飼い主さんにイヤなことをされたことを根に持つ子もいるようです。この機会に猫との接し方など日々の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク