猫を『無視し続けてはいけない』理由4つ

猫を『無視し続けてはいけない』理由4つ

猫を無視するのは、しつけの方法として有効なことがあります。しかし、構ってほしい猫を無視し続けるのはいけません。なぜ、猫を無視し続けではいけないのでしょうか?猫を無視し続けると、どんな悪影響があるのでしょうか?

1756view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.過剰にグルーミングする

グルーミングする猫

飼い主に無視され続けた猫は、いつも以上にグルーミングをするようになります。猫のグルーミングは、被毛をきれいに保つためや体温調節の意味がありますが、気持ちを落ち着かせたい時にも毛づくろいをするのです。

グルーミングが過剰な時は、それほどストレスを抱えているということになります。飼い主に無視され続けたことがストレスとなり、過剰なグルーミングをしてしまうというわけです。

同じ場所のグルーミングを頻繁に、長時間続けていると、毛が抜けてしまったり、出血し、皮膚が炎症を起こしてしまうこともあります。

2.トイレ以外で粗相してしまう

カーペットのシミと座っている猫

猫がトイレ以外で粗相をしてしまうのには、ほとんどの場合ワケがあります。トイレが汚れていたり、トイレの大きさや砂が気に入らないなどです。そのトイレを使いたくない、使いにくいというのが大きな理由でしょう。

しかし、飼い主の気を引くためにわざと粗相をすることがあるのです。無視され続けているけど、トイレではないところで排泄をすれば、飼い主が自分のことを見てくれるとわかっているのです。寂しさからの行為です。

3.攻撃的になる

人の手を抱えてかじる猫

猫を無視し続けると、大好きな飼い主に構ってもらえないことがイライラとなって、猫が攻撃的になります。飼い主に噛みついたり、引っ掻いたり。大きな声で鳴き続けたり、走り回るなどの行動が見られることもあります。

4.体調を崩してしまう

横になっている猫

猫はストレスに弱い動物です。飼い主に無視されていると、それがストレスとなり、食欲が落ちたり、体調を崩してしまうことがあります。

体調が悪くても、それを隠そうとするのが猫です。飼い主がなかなか気づけないこともあります。猫がストレスから体調不良にならないためにも、あまり寂しい思いはさせないであげて下さいね。

まとめ

悲しげな表情の猫

猫のイタズラや噛み癖をやめさせるのに、無視するという方法があります。イタズラしたり、噛みついたりしても構ってもらえないと学習することで、その行為をしなくなるというものです。いたずらをしたタイミングで無視しない限り、何に対して叱られているのか分からなくなります。ただ、無視するやり方は、猫の心を傷つけてしまう危険性もあるため、気をつけなければいけません。無視するだけでなく、愛情を注げる時は十分に構ってあげて下さい。

ストレスを抱えやすい猫には、無視する以外の方法でしつけをしたり、イタズラができないようにあらかじめ対策しておきましょう。

スポンサーリンク