猫の『耳が倒れている時』の気持ち5つ あまり良くない傾向かも…

猫の『耳が倒れている時』の気持ち5つ あまり良くない傾向かも…

猫にとって大切な役割を果たしている「耳」。ここが倒れているときは、一体何を思っているのでしょう。猫の耳がピンとしておらず、ペタンとしている場合の気持ちをまとめました。

422view

1.怖い

恐怖

猫が恐怖を感じているとき。耳が横を向き、完全にペタンと倒れてしまいます。体も一緒に、縮こまっているでしょう。

更に怖さを感じると、今度は耳が倒れたまま、後ろを向きます。まるでドラえもんのように、丸い顔になってしまうでしょう。

猫はストレスに弱い動物なため、あまりに恐怖を感じさせてしまうと、体調を崩しかねません。注意してあげましょう。

2.警戒している

警戒中

警戒していると、耳が横を向くいわゆる「イカ耳」になります。見知らぬ人や猫の存在など、敵と思われる気配を感じると、耳を伏せて警戒を強めるのです。

相手がどのような行動を取ってくるか、こちらをうかがう様子を見せてくるでしょう。神経を全集中させ、少しの動きも見逃さないようにします。猫周辺の空気が張り詰めるため、相対しているこちらも、緊張を強いられます。

近づこうとすると、瞬時に攻撃体勢に入ることも。冗談では済まされない雰囲気が、伝わってきます。

3.不満がある

不満顔の猫

飼い主さんが構ってくれない、要望が叶えられないなど、何らかの不満があり、耳を倒す場合も。愛猫がふと、この仕草をしていたら、同時に表情をチェックしてみてください。

不満を感じているなら、顔も憮然としているはず。飼い主さんの方をじ〜っと睨んでくるかもしれません。

4.近づかないで欲しい

近づくにゃ

例えば、家に迎えて間もないとき。猫は警戒心が強いので、新しい環境にはすぐに慣れません。もちろん個体差はありますが、しばらく警戒しているのが一般的でしょう。

特に人に慣れていないと、その存在には恐怖を感じるでしょう。近づこうとしても「来ないで!」と言わんばかりに、耳を倒して拒否の姿勢を示します。

猫と仲良くなるのには、時間がかかることがあります。もしこの仕草をされたら、焦らずに少しずつ信頼関係を構築していきましょう。

5.嬉しい

撫でられている猫

これまで、どちらかというとネガティブな猫の気持ちばかりをご紹介しましたが、ポジティブなときに耳を倒す場合もあります。それは、「嬉しい!」と思っているときです。

飼い主さんに撫でてもらったとき、美味しいご飯を食べているときなどにも、耳が倒れている場合が。そんなときは表情も穏やかで幸せそうなので、見極めができるでしょう。

まとめ

イカ耳猫

猫は表情筋が少ないため、あまり表情が変わらないといわれていますが、よく観察してみると、その気持ちが如実に現れているのが分かります。表情だけでなく、耳はもちろん、全身で表現しているからです。何を考えているのか分かりにくいと思われがちですが、実は以外と、分かりやすい生き物なのかもしれません。

スポンサーリンク