猫が『ドアの下に手を入れてくる』理由4つ 飼い主は構うべき?無視するべき?

猫が『ドアの下に手を入れてくる』理由4つ 飼い主は構うべき?無視するべき?

トイレに入っている時や、仕事中など猫を入れられない部屋にいる時、ふとドアの下を見たら猫の手が…。ドアの隙間から猫の手が見えているのは何ともかわいらしく、思わず笑ってしまいますね。でも、猫はなぜドアの下に手を入れてくるのでしょうか?こんな時、飼い主はどう対応したらいいのでしょう?

394view

1.そばにいたいから

ドア下から出ている猫の手

飼い主が大好きな甘えん坊の猫は、いつも飼い主のそばにいるのを好みます。そんな猫は、くっついているわけではなくても、気がつくと見えるところにいますよね。

それなのに、飼い主がドアの向こうに入ってしまった…自分も一緒に行きたくて、ドアの隙間から手を入れてみるのです。手は入っても、体は入ることができず、もどかしい思いをしているかも知れませんね。

飼い主が留守なら諦めるのでしょうが、家の中にいるのがわかっているので、何とかしてそばに行こうとしています。

2.中が気になる

ドアの隙間から手を入れようとする猫

大好きな飼い主が入って行ったドアの向こうには、一体何があるのだろう…。好奇心旺盛な猫は部屋の中に興味津々です。中が気になって、入ってみたくて、とりあえず手を入れてみたという感じでしょうか。

あるいは、「自分も入れて!」と中にいる飼い主に訴えているのかもしれません。どんなに頑張っても、ドアの下の隙間から入ることはできませんが…。飼い主がドアを開けてくれるのを待っています。

3.遊んでいる

ドアに手をかけて立ち上がる猫

猫がドアの下から手を入れてくるのは、遊んでいることも考えられます。飼い主が中に入ってしまったのを隠れているのだと思い、「かくれんぼ」をして遊んでいるつもりなのです。飼い主が中にいることがわかっているので「見つけた!」と教えているのかもしれませんね。

あるいは、以前、ドアの下から出てきた手に、飼い主が反応したことがある場合、それが嬉しかったのでしょう。また遊んでほしくて手を入れてくるのです。

猫がドアの下に手を入れてきたらどうしたらいい?

ドアの隙間からこちらを見る猫

チラチラと見えている猫の手。かわいくて構いたくなりますね。でも、一度構ってしまうと、猫はドアの下から手を入れればまた遊んでもらえると覚えてしまいます。毎回同じことをされたら落ち着きませんよね。作業をしていて構ってあげられないこともあります。

ドアの下から見える猫の手には反応せずに無視しましょう。手を入れても構ってもらえないとわかれば、手を入れてくることもなくなるでしょう。

猫は、好奇心からドアの下から手を入れてくることもあります。その場合は、安全な時に部屋の中を見せてあげるのもいいでしょう。部屋の中がどうなっているのかがわかれば、満足してそれ以上は興味を示さなくなるかもしれません。

まとめ

ドアの隙間に手を入れてくる子猫

ドアの下から見えるかわいい猫の手。つい構いたくなりますが、そっとしておきましょう。

ただし、飼い主がいる部屋に行けなくて、寂しい思いをしているかも知れません。部屋を出た時には、たくさん甘えさせてあげて下さいね。

スポンサーリンク