猫の『トイレの置き場所』ランキングベスト3♪NGな場所と併せて解説

猫の『トイレの置き場所』ランキングベスト3♪NGな場所と併せて解説

猫は繊細な一面があるので、トイレの置き場所はよく考えて決める必要があります。愛猫が気に入らない場所に設置すると、トイレを使いたくなくて我慢してしまうこともあるのです。猫用トイレのおすすめの置き場所と、できるだけ避けたいNGな場所について解説します。

1745view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

猫のトイレの置き場所ベスト3♪

トイレから出てくる猫

1.リビング

リビングは誰かしらがいる時間が多く、愛猫がトイレに行く時も目が届きやすいのでトイレ置き場としておすすめです。リビングは人も猫も快適に過ごせる室温に調整できているので、トイレ中も暑さや寒さで不快な思いをせずにすみます。

寒い場所にトイレを置くと冬場は猫が排泄を我慢してしまうこともあるので、猫のトイレ置き場に悩んだ時は年中適温のリビングに設置しておくと間違いないでしょう。家族が集まる空間では猫が落ち着いてトイレができないようなら、家具の陰になる場所や部屋の隅のほうに置いてみてください。

2.人用トイレや洗面所

猫のトイレはニオイがこもらないように、風通しの良い場所に置きたいところです。換気扇が設置してある人用のトイレや洗面所なら、ニオイ対策は十分でしょう。愛猫の排泄物で床が汚れてしまった場合でも、トイレや洗面所の床は基本的に簡単に拭き掃除ができる素材になっています。

また飼い主さんもこまめにお手洗いや洗面所を使うので、ついでに愛猫のトイレをチェックして異常があればすぐに気づけるという点もメリットです。ただし洗面所に洗濯機や乾燥機を設置している場合は、音が気になって猫が落ち着いてトイレができない可能性があるので気をつけましょう。

3.寝室などの静かな部屋

来客が多い場合やリビングがいつも賑やかな場合は、寝室のように静かで猫が一人になれる場所にトイレを置くことをおすすめします。床が汚れても掃除がしやすいようにトイレの下にはカーペットを敷かない、ニオイ対策として空気清浄機を設置するなどの工夫をするとよいでしょう。

猫トイレの置き場所のNGは?

玄関

猫にストレスを感じずにトイレを使用してもらうために、人通りが多くて落ち着かない場所に猫用トイレを置くのはやめましょう。玄関や廊下は人の出入りが多いうえに、冬は冷えやすいのでNGです。

また猫は綺麗好きなので、食事をする場所や寝る場所の近くにトイレがあることを嫌がります。ケージの中にトイレを設置する場合も、食器とトイレはできるだけ離して置いてあげましょう。

さらに飼い主さんが不快にならないように、ニオイのこもりやすいクローゼットの中や衛生面で不安があるキッチンにトイレを置くのも避けることをおすすめします。愛猫と飼い主さんがお互いに気持ち良く過ごせるように、猫のトイレの置き場所はよく考えて決めてくださいね。

まとめ

猫用トイレで座る猫

トイレの置き場所に不満があると、愛猫が毎日トイレに行くたびにストレスを感じることになります。落ち着いてトイレができないせいでトイレを我慢してしまい、膀胱炎になる危険性もあるので、トイレは必ず快適に使える場所に設置してあげてくださいね。

今の置き場所から移動させたい場合も、いきなり場所を変更するのはNGです。猫が戸惑わないよう元の置き場所と新しい置き場所の2カ所にトイレを設置して、新しいトイレを使ってくれるか様子を見ましょう。もしくは毎日少しずつトイレの場所を移動させるなど、愛猫のストレスにならないような配慮をしてください。

スポンサーリンク