猫に『甘えたくない』と思わせる人の特徴4つ

猫に『甘えたくない』と思わせる人の特徴4つ

猫をたくさん可愛がりたいのに、なかなか猫に甘えてもらえないという悩みを抱えていませんか?猫が甘えたくなる人と甘えたくないと思う人には、それぞれ特徴があるようです。ここでは、猫に甘えたくないと思わせてしまう人の特徴をご紹介します。

1242view

猫には『甘えたい人』と『甘えたくない人』がいる

甘える猫

猫が自分から甘えてくれると、とても嬉しい気持ちになりますよね。猫は構ってくれるなら誰でもよいと思っているわけではなく、甘える相手を選んでいるそうです。なかなか猫に甘えてもらえなくて寂しく感じている方は、実は猫に「この人には甘えたくない」と思われることを悪気なくしてしまっているのかもしれません。

猫が甘えたくない人とはどのような人なのかをご紹介するので、当てはまる項目がないかぜひチェックしてみてくださいね!

猫が甘えたくない人とは?

香水をつける女性

1.しつこく構う人

猫は自分が甘えたい気分の時に構ってくれて、そうでない時にはそっとしておいてくれる人を好みます。猫の気分を考えずに構いたい時に構う人は、猫にとって自分のペースを乱す存在です。嫌がっていることに気づかず、しつこく撫でたり無理に抱っこしたりすると「この人、猫のこと何もわかってない!」と思われてしまうでしょう。

猫との信頼関係が築けていないうちは、猫のほうから近寄ってきた時にスキンシップをとることをおすすめします。また長時間のスキンシップは嫌がられてしまうので、猫が満足したらしつこく構うことはせずにスキンシップは終わりにしましょう。

2.騒々しい人

猫は静かにのんびり過ごすことを好みます。話し声が大きかったりドタバタと騒々しい動きをしたりする人は、猫にとって一緒にいてリラックスできない相手です。そばにいて心穏やかに過ごせない人に対して、甘えたいという気持ちにはなりませんよね。

元気いっぱいで賑やかというのは人間社会では長所になる場面も多いですが、猫のいる場ではマイナスの働きをしてしまいます。猫を不快にさせないためにも声のボリュームは控えめにして、物音を立てずにゆっくりとした動作を心がけてくださいね。

3.苦手な香りがする人

人間にとっては良い香りでも、嗅覚の鋭い猫は不快に感じてしまう場合があります。香水を使っていたり香りが強い柔軟剤を使っていたりするせいで、猫が近寄ってこないということも少なくないのです。猫と一緒に過ごす時は、余計な香りは身に纏わないように気をつけましょう。

タバコの臭いも猫を不快にさせるうえに、強い臭いで猫が体調を崩してしまう恐れもあります。喫煙者が猫と接する場合は、特に注意したいところですね。

4.猫の目を見つめる人

猫の可愛らしい顔はじーっと見つめていたくなりますが、実は目を見つめるのは猫の世界ではマナー違反です。猫にとって相手の目を見つめるのは威嚇行為なので、何も知らずに目を合わせると「ケンカを売っている」と勘違いされてしまいます。相手に敵意がないなら、あえて目を逸らすというのが猫にとっては正しいマナーなのです。

ただでさえ猫は警戒心が強い動物なので、目を見つめるというマナー違反を犯すと距離を置かれてしまっても仕方がありません。どれほど猫が愛おしくても、懐いて甘えてほしければ目を見つめるのはやめましょう。

まとめ

スキンシップを拒否する猫

猫に積極的に甘えてほしいのなら、猫がつい甘えたくなってしまうような人を目指しましょう。大切なのは猫を可愛がりたいという自分の気持ちよりも、猫の気持ちを優先することです。猫が嫌がることや、警戒させてしまうことはしないように気をつけて過ごしましょう。

「この人といると安心するな~」「この人のスキンシップは上手だな~」と思わせることに成功すれば、猫がもっと甘えてくれるようになるはずですよ♪

警戒心が強かったり臆病だったりする子は、自分から甘えてくれるまでに時間がかかるかもしれません。その子のペースを尊重して、気長に待ってあげてくださいね。

スポンサーリンク