猫がつい『甘えたくなる人』の特徴5つ

猫がつい『甘えたくなる人』の特徴5つ

猫には「つい甘えたくなる人」がいます。その特徴はどのようなものなのでしょうか。そして誰でもなれるものなのでしょうか?気になる特徴や、猫に甘えてもらうためのコツを紹介いたします。

2937view

猫が甘えたくなる人の特徴

膝に乗る猫

「誰かに従うのは嫌!」常に自由奔放な生活を好む動物、それが猫です。そんな猫ですが、ついつい甘えたくなるような人がいるようです。

ここでは、猫が甘えやすい人が持つ特徴を5つ紹介いたします。

1.穏やかで静かな人

猫は騒がしい人が苦手です。声量や行動が穏やかで静かな人がそばにいると安心します。気まぐれではあるものの、穏やかで静かな人なら(甘えてみようかな?)と猫から思われるタイプです。

2.ワガママを許してくれる人

猫が甘えたいタイミングに付き合ってくれて、飽きたら解放してくれる人も甘えやすい要素の1つです。

シンプルにいえば「猫のワガママを許してくれる人」ですね。ワガママといっても危険なことを許してはいけません。あくまでもスキンシップのタイミングを合わせてくれる人は、猫に好かれやすいでしょう。

3.甘えたいサインが分かる人

甘える猫

猫が甘えようとしている仕草が分かる人も猫に好かれ、よく甘えてくれるようになります。猫の甘えたいサインをいくつか紹介いたします。

  • しっぽを立てて接近してくる
  • スリスリしてくる
  • 目を見て「ニャー」と鳴いてくる
  • 顔を覗き込んでくる
  • ゴロゴロと喉を鳴らす

これらの仕草に反応に、愛猫が離れるまでスキンシップを取ってあげると喜びます。付き合い上手な人は、甘えたいサインも解放してほしいタイミングも察することが得意(慣れている)のです。

4.お世話をしてくれる人

日頃から食事やトイレのお世話をしてくれる人は、猫に頼られ甘えられます。これは「やってほしい」を叶えてくれる人だからです。

5.猫が苦手な人

猫のことが苦手なのに甘えてくるとは意外ですよね。それには納得の理由が隠されています。

それは、自分から猫に接近したり抱っこしようとしないからです。しつこくされることが苦手な猫にとって、強い関心を示さない人は甘えやすい人になってしまうのです。

猫が苦手な人の目線になると複雑でしょう。望んでいないのに猫が擦り寄ってくる状況は、少々怖いと感じるものです。

身近に猫が苦手な人がいたら、逆に好かれやすいことや甘えのサインについて教えてあげてください。

誰でも甘えられ体質になれる!!

甘える猫

猫が甘えたいと思う人の特徴を5つ紹介しました。実は、この特徴を生かせば誰でも甘えられ体質になれます。いくつかコツを挙げてみましょう。

  • 猫からのアプローチを待つ
  • 初対面では目を合わせない
  • 話し声や動作を小さくする
  • 黒い服は避ける

猫にとって目が合うというシチュエーションは、挑発です。喧嘩を売られていると誤解してしまうので、初対面では目を逸らすようにしてください。

黒い服がNGなのは、天敵であるカラスを連想する色だからです。猫の色覚は人間ほど発達していませんが、黒は認識できる色で尚且つ恐怖心を煽る色になります。

ちなみに理由は定かではありませんが、猫はピンクを好む傾向にあります。

まとめ

見つめる猫

猫がついつい甘えたくなる人の特徴を5つ紹介いたしました。

冒頭で紹介したように、猫は自由奔放な動物なので「グイグイ接近してこない人」が好まれるようです。その結果、皮肉なことに猫が苦手な人も含まれていました。

今はまだ甘えてくれないという人も、特徴に合った行動を心がけることで変わるかもしれません。猫が好きで甘えてもらいたい!!という方は実践してみてください。

スポンサーリンク