猫が『急に激しく爪とぎをする』時の心理4つ 爪のお手入れ以外の驚きの理由とは

猫が『急に激しく爪とぎをする』時の心理4つ 爪のお手入れ以外の驚きの理由とは

さっきまで眠っていた猫が急にバリバリと物凄い勢いで爪とぎをし始めた、という経験は飼い主さんであれば少なくないはず。どうして猫はいきなり思い立ったように爪とぎをするのか?その理由を4つ紹介します。

2427view

SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

1.ストレスを発散したい

爪とぎする猫

猫が急に爪とぎをし始める理由として、ストレス発散が挙げられます。知らない人間が家に来た、飼い主さんがしつこく構ってくる、動物病院に連れていかれたなど猫は日常の中で様々なストレスに遭遇します。

そんな猫にとって爪とぎは絶好のストレス発散の場です。バリバリと爪を研いでいるときはストレスを発散しているのかもしれないと察し、そっとしておいてあげましょう。

2.内心動揺している

伸びながら爪を研ぐ猫

猫は動揺しているときも、急に爪とぎを始めることがあります。転位行動とも呼ばれる行動の一つで、何か不安や葛藤などを感じることがあった時に別の何かに没頭することで自分の気持ちを静めようとします。猫が動揺する理由は様々です。

飼い主さんに叱られた、同居動物にストレスを感じている、狩りで失敗したなどの出来事によって猫は不安や恐怖、葛藤を抱きます。猫も繊細な生き物なのです。

3.なわばりアピール

気で爪とぎをする猫

猫にとって爪とぎにはなわばりアピールの意味合いもあります。爪とぎする際、肉球付近から発せられるフェロモンでマーキングを行い、ここは自分の居場所だと主張します。このとき爪とぎをする位置が高いほど、力がある強い猫というアピールになるとされています。

だからといって、壁や柱をバリバリするのは止めてほしいので、猫が思いっきり爪とぎができる場所を用意してあげてくださいね。

4.遊ぶ準備運動

爪とぎする猫

猫が爪とぎを念入りに行っているとき、もしかしたらこれから遊ぶぞ、と準備運動をしている可能性もあります。猫にとって爪とは獲物を狩るための大事な武器です。自分の武器をお手入れして狩りをするぞと張り切っているのです。寝起きに、これから活動するぞと爪をとぐこともよくあります。

猫が爪とぎをしながら飼い主さんの方を見つめているときは、準備万端だからいつでも遊べるよ、と飼い主さんとの遊びを期待しているのかもしれません。

まとめ

爪とぎする猫

今回は猫が急に激しく爪とぎをし始める理由について解説しました。猫にとって爪とぎとは自分の武器を手入れだけでなく、ストレス発散などメンタル面においても大切な行動です。

壁や柱に爪とぎされてしまうのは困りますが、爪とぎをさせないのも問題です。猫が思う存分爪を研げるよう、専用の爪とぎ板を用意してあげましょう。

スポンサーリンク