猫が『人の股の間』を好む心理4つ 入りたくなるタイミングはいつ?

猫が『人の股の間』を好む心理4つ 入りたくなるタイミングはいつ?

猫はあぐらの中心や足の間など、人の股の間に入ることを好みます。一体なぜなのでしょうか?何とも猫らしい理由と、入りたくなるタイミングについて紹介いたします。

1233view

猫が「人の股の間」を好むのはなぜ?

足の間に入る猫

飼い主さんがリラックスしていると、あぐらの中心や足の間に愛猫が入り込むことがありませんか?

猫はなぜ「人の股の間」が好きなのでしょうか。それには、次のような理由が挙げられます。ついつい入りたくなるタイミングもあるようです。

1.野生の名残り

猫は元々、穴蔵のような場所を寝床にしていました。狭い場所に隠れることで天敵から身を守るためです。

家猫にも野生の本能が残っています。その名残りから、足の間に入り込むことで安心感を得ています。

眠いとき・ちょっぴり不安なとき・狭い場所でゆっくりしたいときなどはさり気なく潜り込んでくるでしょう。

2.飼い主さんを信頼している

この行動は、何よりも相手を信頼していなければできません。だから、飼い主さんは安全な存在だと認めてくれている証になります。

また、猫の多くは飼い主さんを母猫のように慕っているので、子猫気分で甘えたいときも足の間に入ることがあります。

3.温かいから

足の間に入る猫

猫が密着していると、ぽかぽかと温まりますよね。体温は猫のほうが高いですが、猫も人と身を寄せ合うことで温もりを感じています。

寒い季節は、暖を取る目的で足の間に入る場合があります。親しい猫同士が身を寄せ合う猫団子のような感覚です。

4.構ってほしいから

飼い主さんがスマホやPCに集中しているタイミングを狙っている猫は、構ってほしくて間に割って入るような感覚です。

ほんの少し相手をしてあげれば気が済むので、手を休めて撫でてあげましょう。

一緒にまったり気分を満喫しよう

飼い主の股の間の猫

猫が股の間に入り込んで来たときは、甘えたい・安心したい・飼い主さんに構ってほしいなど、癒しを求めているタイミングが多かったですね。

冬場は暖を取るためという目的もありますが、いずれにしても一緒にまったりするチャンスです。ぽかぽかとした温もりを感じながら、のんびり過ごしてみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

足の間から見つめる猫

猫が人間の股の間を好むのは、野生の名残り・飼い主さんへの信頼・温もりを求めている・構ってほしいなどの理由からでした。

何とも猫らしく、憎めない理由ですね。ついつい入りたくなるタイミングも愛おしいものでした。

これから人肌が恋しくなる季節が来るので、猫と一緒に温もりを感じながらまったり気分を満喫してみてください。

スポンサーリンク