猫から『愛される飼い主』が絶対“しない”4つのこと

猫から『愛される飼い主』が絶対“しない”4つのこと

猫から愛される飼い主には、共通点があります。それは、猫が嫌がることをしないということ。では、猫が嫌がることとは何でしょうか?それを避ければ、猫との距離が縮まるかもしれません。

654view

1.構い過ぎない

子猫の頭を撫でる手

撫でると気持ちよさそうに喉を鳴らす猫。猫は撫でられるのが好きなんですね。でも、いつでもそうしてほしいわけではないんです。

猫が撫でてほしいと思っているのは、自分から甘えて寄ってきた時。それ以外は、ひとりでいたいと思っていることも多いのです。

自分から寄ってきた場合も、いつまでも撫でているとイライラさせてしまいます。猫が構ってほしい時、そうでない時を見極め、構い過ぎないことで猫からも信頼される飼い主になれるのです。

2.大声を出さない

ソファの上の猫

警戒心が強く、聴覚に優れている猫は、大きな音が苦手です。突然大声で笑ったり、怒鳴り声を出したりする飼い主は、猫から敬遠されてしまうかもしれません。

家庭内でのケンカにも要注意。猫は嫌だなあと思っているかもしれませんよ。猫を叱る時も、大声を出すと怖がらせてしまうだけなので気をつけましょう。

さらに、猫は低い声よりも高い声の方を好むそうです。低い声は、威嚇している唸り声に聞こえるのだとか。そのため、動作がゆっくりで話し方も穏やかな高齢女性は猫から愛されやすいのだといいます。

3.香りをつけない

猫を抱く女性

猫が苦手なものに、香りもあります。特に柑橘系の香りは苦手です。人間にとっては癒しになるよい香りも、猫には苦痛なので気をつけなければいけませんね。

香水や柔軟剤を使用していない人の方が猫から好かれやすいようですよ。また、タバコのにおいも猫は嫌います。コーヒーや香辛料のにおいも苦手です。

これらの香りは、猫が嫌がるだけでなく、猫の健康に害を与えるものもあるため、注意しましょう。特にアロマテラピーで使用される植物由来の精油は、肉食動物の猫は体内で分解できません。猫のいる部屋ではアロマは焚かないようにしましょう。

4.お手入れをし過ぎない

ブラシを持つ人と猫

爪切りやブラッシング、歯磨きなどのお手入れは大切。だからといって、やり過ぎてしまっては、猫から嫌われる原因に。お手入れが苦手な猫は多いのです。

特に、束縛されるのは大嫌い。無理をすると飼い主との信頼関係にヒビが入ってしまうかもしれません。猫のお手入れは、猫の様子を見ながら、短時間で済ませましょう。

まとめ

猫にスリスリされる女性

猫が嫌がることって、実はたくさんあるのですね。これらを知っているかどうかで、猫との関わり方に違いが出てきます。猫とどう接するかによって、猫から愛されるかどうかが決まってしまうのです。

猫には猫の習性があります。それに合わせてあげることで、猫から愛される飼い主になれますよ。

スポンサーリンク