猫が「幸せだな~」と思う生活環境の条件4つ

猫が「幸せだな~」と思う生活環境の条件4つ

室内で暮らす猫にとって、部屋の環境は重要です。広くて十分運動できるスペースがあるのが理想ですが、狭くてもちょっとした工夫で猫に適した環境を整えることは可能なのです。では、どのように環境を整えれば、猫に幸せだと感じてもらえるのでしょうか?

910view

1.静かで落ち着ける環境

横になって寝ている猫

猫はストレスに弱いので、生活する場が静かで落ち着ける環境であることは大切です。いつも大きな音がしていたり、来客が多かったり、騒がしくしていると、猫はストレスを抱えてしまいます。

外からの音や人の行き来が多いなど、どうしても騒々しくなってしまう場合は、家の中でも比較的静かな部屋に猫が入れるようにしてあげたり、猫がひとりになれる逃げ場を用意しておいてあげて下さい。

窓辺には、猫が外を見ながらくつろいだり、日向ぼっこができる場所も用意してあげましょう。窓の外を見ることは好奇心が刺激されたり、日光に当たることで心と体に良い影響を与えます。

また、トイレも人の行き来が少ない静かな場所に置いてあげましょう。トイレがいつも清潔になっていることも大切です。

2.猫が登れる高い場所がある

キャットタワーに座っている猫

猫を飼ううえで重要なのが、猫が登れる高い場所があるかどうかです。高い所に登ったり降りたりすることで、猫に必要な上下運動をすることができます。

また、野生の猫は木の上に登って、周囲を確認したり、外敵から身を隠したりしていました。そのため、室内で飼われている現代の猫も、高い場所が落ち着くのです。

キャットタワーやキャットウォークを設置できれば理想ですが、それらを置くスペースがなくても大丈夫。家具の配置を工夫して猫が登れるようにしてあげるだけでも、猫に満足してもらえますよ。

3.猫が隠れられる場所がある

キャットハウスの中から見上げる猫

猫は、薄暗く狭い場所に隠れるのが好きです。野生時代は、外敵から身を守るためにそのような場所に隠れることがありました。その名残で、現代の猫も何かに驚いた時などは、さっと身を潜めます。

隠れていると安心できるので、キャットハウスやドーム型のベッドを置いてあげたり、家具の下などに猫が隠れられるスペースを作っておいてあげましょう。

4.危険がない

窓辺で仰向けになる猫

実は、完全室内飼いでも猫の事故が起こることがあります。

例えば、水を張った浴槽に落ちる、洗濯機に閉じ込めてしまう、小さなものが落ちていてそれを飲み込んでしまう、観葉植物を食べて中毒を起こす、コンセントやコードで感電する、などなど…。家の中にも危険はいっぱいです。

猫に言い聞かせても自分で危険を回避することはできないので、飼い主がしっかり対策をしてあげることが大切です。浴室のドアは閉めておく、洗濯機の蓋も閉める、猫の健康に害を及ぼすものは置かないなど、猫の住環境をよくチェックしてみましょう。

まとめ

ハンモックの中の子猫

猫に「幸せだな~」と思ってもらうには、猫の習性に合わせた環境作りが欠かせません。野生時代の猫が好んできた場所と同じような環境を整えてあげましょう。

また、もうひとつ重要なのは、ストレスのない環境であること。猫はストレスに弱く、ストレスをためてしまうと体調を崩してしまうことがあります。逆に、ストレスのない環境で育ってきた猫は、元気で長生きできる傾向にあるそうですよ。

スポンサーリンク