猫の飼い主が買うべきではない『NGアイテム』3選

猫の飼い主が買うべきではない『NGアイテム』3選

猫と暮らすうえで大切なのは、愛猫にとって安全で快適なお家づくりをすることですよね。飼い主さんはお買い物の時も、猫に害のないアイテムを選ぶ必要があります。愛猫の安全を守るために、猫の飼い主さんが買わないように注意したいアイテムを3つに分けてご紹介します。

2450view

SupervisorImage

記事の監修

大阪府立大学生命環境科学部獣医学科卒業。その後、約10年に渡り臨床獣医師として動物病院に勤務。予防医療、行動学、老犬の介護問題に興味を持っています。正しい知識と情報を多くの方に伝えたいという思いからWEBライターとして動物関係の記事を執筆しています。

猫の飼い主さんはお買い物も愛猫優先!

ショッピングカートと猫

猫の飼い主さんはお買い物をする時も、愛猫にとって危険性があるかどうかを重視してアイテム選びをしなくてはなりません。人間にとっては良い効果をもたらすものにも、猫の体には中毒症状を引き起こすリスクがあるものや、誤飲誤食のリスクが高いものも存在します。

猫の飼い主さんが愛猫の安全に配慮して、買うのを避けたいアイテムを3つご紹介するので、お買い物の際にぜひ参考にしてくださいね!また猫に危険なアイテムが既にお家にある場合は、手の届かない場所で保管したり使用を控えたりといった対処をしていただければと思います。

猫の飼い主さんが買うべきではないアイテム3選

アロマオイル

1.アロマオイル

良い香りで人を癒してくれるアロマオイルですが、猫が中毒症状を引き起こすリスクがあるので猫がいるお家での使用はNGです。猫はアロマオイルの成分を上手に代謝できない体質をしており、最悪の場合は死に至る可能性もあるので注意してくださいね。

全ての種類のアロマオイルで中毒を起こすのかどうかは現段階ではわかっていませんが、安全性が確かでない以上は種類を問わずアロマオイルは使用を避けたほうがよいでしょう。直接猫が舐めてしまった場合はもちろん、ディフューザーなどで空気中に拡散したアロマオイルが皮膚や肺から吸収されてしまうのも危険です。体に付着したアロマの成分を、毛繕いする時に舐めてしまう可能性もあります。

猫の飼い主さんはアロマオイルを買わないこと、そしてできればアロマオイルが含まれたコスメなども選ばないほうが安心ですね。

2.観葉植物

猫の誤飲で気をつけたいものの1つが観葉植物です。植物はお家の中を華やかにしてくれるインテリアとして人気ですが、猫にとって有毒な種類も多いので危険なものか安全なものか調べてから購入してください。猫の飼い主さんが買うべきではない危険な植物としては、以下のような種類が代表的です。

  • ユリ科の植物(ユリ、カサブランカ、チューリップ、ヒヤシンスなど)
  • サトイモ科の植物(ポトス、モンステラ、カラジューム、ディフェンバキアなど)
  • スミレ科の植物(パンジー、ビオラなど)
  • ナス科の植物(ナス、チョウセンアサガオ、ホオズキなど)
  • ツツジ科の植物(レンゲツツジ、サツキ、シャクナゲなど)
  • キク科の植物(マーガレット、デージーなど)
  • 多肉植物(サボテン、アロエ)

上記以外にも有害な植物はあるので注意してください。万が一猫食べてしまっても安全だとされている植物は、猫草・パキラ・ガジュマル・バラ・ガーベラなどです。毒性はなくても猫が鉢を倒すなどのイタズラをするケースが考えられるので、飾る場所には配慮が必要でしょう。

3.爪が引っかかりやすい布地のカーテン、毛足の長いカーペット

猫の飼い主さんで、愛猫がカーテンを登ってボロボロにしてしまうことに困っている方は少なくないでしょう。何度もカーテンを買い替えるのも大変ですし、愛猫がカーテンに爪を引っかけたり高い所から転落してしまったりする危険性もあるので、カーテンを登ることはやめてほしいですよね。

爪が引っかかりやすい布地のカーテンだと、どうしても猫はイタズラがしたくなってしまうので、猫がいるお家にはツルツルした布地のカーテンがおすすめです。ツルツルした素材だと登るのが難しいので、おそらく猫もカーテン登りを諦めてくれるでしょう。

またカーペットも、毛足の長いものは猫の爪が引っかかって怪我をしてしまうリスクがあるので危険です。愛猫のために、ぜひ爪が引っかかりにくい素材のカーペットを選んであげてくださいね。毛足の長いカーペットは掃除がしにくく、ダニやノミがつきやすいという点でも猫のいるお家には向きません。

まとめ

ショッピングバッグと猫

猫の飼い主さんはお買い物の際のアイテム選びでも、愛猫を優先することが大切です。自分が欲しいかどうかよりも、猫にとって危険がないかどうかを重視して安全なアイテムだけを購入するようにしてくださいね。

また可愛い愛猫とのスキンシップが何よりの癒しだという飼い主さんは、洗剤や柔軟剤、シャンプー、ハンドクリームなども香りの強いものは避けることをおすすめします。強い香りは猫のストレスになるので気をつけましょう。猫はフローラルの香りやハーブの香りではなく、飼い主さんの自然そのままの匂いが安心できて大好きなはずですよ♪

スポンサーリンク