猫が『砂かけ』をする心理2つ トイレ以外でもすることがあるって本当?

猫が『砂かけ』をする心理2つ トイレ以外でもすることがあるって本当?

砂をかける仕草は、毎日何度も見ますよね。このような行動には必ず猫の気持ちが伴っています。それでは、砂をかける猫の心を探ってみましょう。

802view

1.恐ろしい敵から身を守らなきゃ!

外でウンチをしている猫

排泄をした後のニオイを消すために、ウンチやオシッコに砂かけを行なって身を守っているのです。

猫のウンチもオシッコも非常に独特な臭いがありますよね。この臭いやウンチの存在から、肉食動物である猫より強い動物へ存在を知られてしまう危険性が高まります。そのため、砂をかけて排泄物の存在を隠すのだと言われます。

2.待ち伏せで自分の存在がバレては困るニャ!

待ち伏せをして狙っている猫

同じように、獲物を猫が待ち伏せしていることがバレないようにするために排泄後に砂をかけルトも言われます。

獲物である小動物に自分の存在がバレてしまっては、待ち伏せ型の狩りに支障が出てしまいます。猫の存在など全く無いと思わせるため、排泄物に砂をかけます。臭いに関連していますが、対象とする相手が異なります。

あえて砂かけをしない場合も

トイレを覗いている猫

マーキング行動の一つとして、縄張りアピールのためにわざと砂をかけない猫もいます。

自分の存在をアピールする猫は、わざわざ排泄物に砂をかけて隠すことをしません。自分がきたとこを堂々と示し、悠々とその場を去ります。

その他、穏やかでのんびりしている性格の猫は砂をかけない、もしくは年齢を重ねて高齢になってくると砂をかけることを忘れてしまう場合があります。

ご飯や水に砂かけ

食器の前に座っている猫

排泄物以外に砂をかける対象として、ご飯や水などがあります。

ご飯や水を隠したい、食べ物や飲み物を嫌だと感じている、残した物に自分の匂いが付いているなどの理由によって砂をかける仕草をします。

食べる前や飲む前に砂をかけるような行動をするのであれば、お皿を綺麗にしたりご飯や水を取り替えてあげましょう。

まとめ

トイレで砂をかいている猫

猫が『砂かけ』をする心理2つ トイレ以外でもすることがあるって本当?についてお伝えいたしました。

猫は、様々な気持ちから砂かけを行なっている事が分かりますね。砂かけをするとトイレの周りに飛び散ってしまうので掃除が大変です。しかし、無理にやめさせると猫のストレスになりますので、思い切り派手に砂かけをしてもらいましょう!

スポンサーリンク