猫の『ネガティブな感情』の鳴き方4つ 注意すべき訴えと対処法を解説

猫の『ネガティブな感情』の鳴き方4つ 注意すべき訴えと対処法を解説

猫の鳴き声は、人が猫の気持ちを理解するのに役立つ手掛かりとなります。鳴き方によって猫がいまどんな気持ちでいるのかを判断できます。今回は猫がネガティブな感情を持っている時に発する鳴き声を4つ紹介します。

859view

SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

1.ウー

警戒している猫

猫がウー、と低く唸っている鳴き声は不安や恐怖を感じているサインで、相手に対する警告です。相手に対して怯え、離れて欲しい時に発することが多いですが、自分のご飯やおもちゃを守る時にも発することがあります。

家で飼い主さんから大切に扱われている猫が自宅で発する機会はあまりないでしょうが、もし猫がウーと唸っていたら、下手に干渉せず、そっと離れてあげましょう。また、急に体を触った時に唸るようになった場合は、どこかに痛みがある可能性があるため、不自然な動きや他に変わったところがないか観察してあげてください。

2.フー、シャー

威嚇する猫

猫が低くフーまたはシャーと鳴いている時は、怖がって威嚇しています。体を縮めて毛を逆立てたり、表情が厳しくなったりします。相手に対して敵意を感じていて、離れて欲しいと思っています。この威嚇をしても相手が離れてくれないと、猫パンチや噛みつきなどの攻撃をしてくることもあります。刺激しないように静かにその場から離れてあげましょう。

3.ギャー

叫ぶ猫

猫がギャーと悲鳴のように叫んだら、痛みを感じているサインです。家の中で聞く機会は少なめですが、飼い主さんが誤って猫のしっぽを踏んでしまった時などに発します。その他にも爪が引っかかりパニックになった時などに発することがあります。

助けを求めているケースもあるため、ギャーという鳴き声が聞こえたら様子を見に行き、必要に応じて原因を取り除いてあげましょう。ただし、パニックになっている猫に手を出すことは、飼い主さんであっても危険が伴います。大きなタオルなどを用意し、タオルごしに猫を抱きかかえたり、タオルを猫にかぶせて落ち着かせてあげましょう。

4.アオーン

さみしそうな猫

夜中などにアオーンと鳴いている時は、猫が寂しがっていたり何かを求めているサインです。遊びが不足していて飼い主さんと遊ぶことを求めていたり、お腹が空いていてご飯が欲しかったり、などということがあります。

アオーンという鳴き声を聞くとすぐにかまってしまいたくなりますが、鳴いてすぐに相手をしてしまうと、猫は鳴けば要求が通ると覚えてしまいます。猫がアオーンと鳴いたら、まずは何か応えてあげるべき要求がないかを確認しましょう。

応えてあげられない要求の場合には、猫が鳴いている間は猫をかまわずにしばらく時間を置いてから相手をするか、状況によっては全く相手をしないでいる必要もあります。

まとめ

不機嫌そうな猫

今回は猫がネガティブな感情の時に発する鳴き声を紹介しました。猫は、言葉ではなく鳴き声や仕草などで自分の意思や感情を表します。

ここで紹介したような鳴き声が聞こえた時は今回紹介した内容を参考に、猫が求めている対応してあげてください。

スポンサーリンク