猫の不満が『爆発寸前』!?4つのサインと絶対してはいけない行為とは

猫の不満が『爆発寸前』!?4つのサインと絶対してはいけない行為とは

猫が何か満たされない思いがあって、「もうムリにゃ!」と思っているとき、どんな仕草や行動で伝えるのでしょう?飼い主さんとしては、知っておいた方がよい情報かもしれません。猫にとってのNGなことも、合わせてお伝えします!

1478view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.邪魔猫になる

邪魔猫

猫は、飼い主さんの関心が自分に向いていないと、不安を感じるよう。そのため、わざと目の前を横切るなど、注目を集める行動を取ります。「こっち見て!」というアピールなので、ちょっと構ってあげるとよいでしょう。

飼い主さんがちゃんと見てくれている、と分かれば納得して、わざと邪魔をしなくなります。忙しいときでも少し手を止めて構ってあげると、安心するでしょう。お邪魔な行動は困ることもありますが、それはそれで可愛いので、しばらくしたいままにさせておくのも、よいかもしれません。

2.じっと見つめる

見つめる猫

何かしらの要求があるとき、じ〜っと見つめてくることがあります。欲しいものがあるのにそれが与えられないため、飼い主さんに伝えようとしているのでしょう。筆者宅の猫もお腹が空いたとき、近くに座って穴が開くほど見つめてきます。

猫によって表現方法は違う場合がありますが、なんだか愛猫からの視線を感じる…というときはきっと、何かして欲しいことがあるのでしょう。どのようなことを要求しているのか、察してあげてください。

3.粗相が増える

トイレットペーパーに包まる猫

満たされない思いを伝えるために、「粗相」で伝えてくれることがあります。飼い主さんにとっては、困る行動でしょう。猫の排泄物は、ニオイがキツいですから…。

「トイレが気に入らない」「トイレが汚くて嫌だ」、その他、強いストレスを感じている可能性があります。猫はトイレ環境にこだわりがあるので、トイレ掃除はまめにやりましょう。

また、ストレスがあると粗相ばかりでなく、体調を崩してしまう可能性が考えられます。ストレス軽減は猫の健康にとって大切です。

4.しっぽをバンバン振る

しっぽ

しっぽを早めにバンバン振っているときは、ご機嫌ナナメのときです。あまり、触れたり近づいたりしない方がよいかもしれません。愛猫が何に対してイライラしているのか原因を調べ、解消してあげるとよいでしょう。

猫は気持ちの切り替えが早いため、しばらくそっとしておけば、ご機嫌が直ることも多いです。バンバンと振っているしっぽが収まるまで、待つのも得策です。

NGなこととは?

こちらを見る猫

猫に対してのNGなことは、いくつかあります。まず猫は大きな音が苦手ですので、必要以上に大きな音はNGです。

また、自分の意思に反することをさせられるのも嫌がります。ずっと体を固定したり、無理やり抱っこしたりは、NGです。猫が好きなように動けるよう、自由にさせてあげてください。

まとめ

不満そうな猫

猫は表情があまり変わらないため、ストレスがあっても見た目では分かりにくいかもしれません。ですが、態度や行動で伝えているので、気がついてあげてください。愛猫からのSOSは、見逃してはいけません。

スポンサーリンク