猫が『甘えてくる時』の4つの気持ち♡喜んでもらえる応え方とは?

猫が『甘えてくる時』の4つの気持ち♡喜んでもらえる応え方とは?

コロンとヘソ天してり、足にすりすり寄ってきたりと猫の甘えてくるときの仕草は何ともいえぬ可愛さです。そんな甘えてくる仕草をしながら猫はどんな気持ちになっているのかについて解説していきます。

1214view

1.かまってほしい

ヘソ天で眠る猫

猫がお腹を見せてヘソ天したり、ニャーと鳴きながら近寄ってきたりしたら、かまってほしいアピールです。もしかすると寂しいと感じているか退屈だから遊んでほしいのかもしれません。

中には飼い主さんの作業を妨害しながらかまってアピールを行う子もいます。かまってほしいと訴えてきたら適度に撫でてあげたり遊んであげたりすると猫も満足します。

2.安心したい

膝上でくつろぐ猫

飼い主さんの膝上で眠るのは安心したいう気持ちの表れです。信頼し母親のように感じている飼い主さんだからこそ、リラックスしたいとき側にいて欲しいと思っているのかもしれません。猫が膝などに乗ってきたら、少し重いかもしれませんが、そのまま寝かしてあげてください。

膝上で眠る以外に前足でふみふみする行動も、リラックスして安心を感じているサインです。いたずらに手を出さず思う存分、ふみふみさせてあげましょう。

3.嬉しい

撫でられる猫

ご飯を食べた後や大好きな飼い主さんに撫でてもらえたとき、猫はのどからゴロゴロ音を発します。このゴロゴロ音は猫が嬉しくて満足しているというサインです。本来は母乳を飲んでいる子猫が母猫に対して気持ちを伝える役割があると考えられています。

このゴロゴロ音は嬉しいとき以外に、何かをおねだりするときにも使われます。最近の研究にて、このとき猫から発せられるゴロゴロ音には、人間にそのおねだりを聞いてあげたいと思わせる効果がある可能性が示唆されています。もしかするとゴロゴロ音で人間は猫にコントロールされているのかもしれません。

4.マーキング

すりすりする猫

帰宅したときに猫が足元にすり寄ってきたり、おでこを頭突きをしてくるのは自分の匂いをつけるマーキング行為です。この人は自分の所有物だと匂いをつけてアピールしているのです。猫にとって大事な人であるというサインでもあるため、すり寄られた際は優しく撫で返して応えてあげてください。

まとめ

甘える猫

普段何気なく目にしている猫の甘えたい行動には、猫なりの想いが込められています。こうした甘えたい仕草は猫が信頼できると思っている人にしか行いません。猫に甘えられたときは、しつこくなり過ぎない程度に撫でてあげたり遊んであげたりして、その気持ちに応えてあげてください。

スポンサーリンク