猫への『理解不足』が招くNG行為3選 最低限知っておきたいマナー

猫への『理解不足』が招くNG行為3選 最低限知っておきたいマナー

猫を飼うのであれば猫の生態や習性などをしっかりと頭の中に入れておく必要があります。猫に関する知識を把握しないまま飼いはじめてしまうと、無意識のうちにとんでもないNG行為をしてしまうこともあるのです。そこで今回は、猫への「理解不足」が招いてしまうNG行為について解説してまいります。

638view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

飼い主さんなら絶対知っておくべきNG行為とは!?

道の上で佇む猫の後ろ姿

猫と人間では当然習慣や習性、からだのつくりなども異なるため「人間にとっては当たり前のこと」でも猫にとってはそれが大きなダメージに繋がることもあります。

そこで今回は、意外とついうっかりやってしまいがちな猫へのNG行動について解説をしてまいります。

猫への理解が不足しているせいで思わぬストレスや病気の原因を作ってしまうこともあるため、猫をこれから飼う予定がある人や飼い始めたばかりの人は要必見です!

1.人間の食べ物を与える

机の上のハンバーガーを見つめる猫

猫にとって人間の食べ物はからだに良くありません。人間にとっては大したことがない味つけでも、猫にとっては味が濃すぎるケースがほとんどだからです。

猫が人間の食べ物を迂闊に食べてしまうと、糖分や塩分、カロリーなどの過剰摂取に繋がる恐れがあります。人間の食べ物を定期的に食べるようになってしまうと過剰摂取により肥満や病気になる可能性もあるため注意しなくてはいけません。

また、チョコレートやアボカド、ネギ類などの食材は、たとえ少量だったとしても猫にとっては毒となるため絶対に与えないようにしましょう。

2.むやみやたらに猫に触る

触られて嫌そうな猫

まだあまり親しくなっていない猫や「今は触ってほしくない」と思っている猫にむやみやたらと触ってしまうのもNG行為のひとつといえます。猫が嫌がっているのに無理矢理触ってしまうと、猫にとって大きなストレスとなる可能性があるからです。

猫とまだあまり親しくなれていないのであれば、いきなり触らずにまずはおやつやおもちゃを与えてコミュニケーションをとる方法を試してみましょう。

また、猫がご機嫌なタイミングでスキンシップを図るように心がけるのも大切なポイントです。

3.うるさい音を立てる

掃除機をにらむ猫

猫は大きな音が苦手です。そのため猫の近くで大きな音を立てるのも絶対NGといえます。

どうしても大きな音を出さなくては行けない時(掃除機やドライヤーなどを使う時など)は、なるべく猫が近くにいないタイミングを見計らって動くのが大切です。

また、猫が近くにいる時に大声を出して騒いだりするのもやめましょう。

まとめ

叫ぶ女性に怒る猫

猫のことをよく理解していないせいで猫へ大きなダメージを与えてしまうのは、飼い主さんにとっても辛いですし何としても避けたいことだと思います。

まずは猫のことについてしっかり勉強するのは、愛する猫に対するマナーと心得ましょう。そして飼い主として、安全で安心できる生活を愛猫へ提供できるよう知識をつけていきましょう。

スポンサーリンク