猫の『尊敬サイン』4つ!リスペクトする人にだけ見せる仕草や行動とは

猫の『尊敬サイン』4つ!リスペクトする人にだけ見せる仕草や行動とは

自由奔放で人間には従わないイメージが強い猫ですが、認めている人間にはそれなりに敬意や愛情を込めた行動をとることがあります。今回は猫が認めた人だけに見せるサインを紹介します。

3182view

1.挨拶

頭突きしている猫

猫は認めている相手には自分から挨拶します。猫の挨拶の仕方は様々です。短くニャと鳴く、スリスリして来る以外に、頭をコツンとぶつけてくる頭突きも猫なりの挨拶です。

猫の頭部にはフェロモンを分泌する器官が備わっています。頭突きのように思える行動はフェロモンを擦りつけて、この人は自分の物とアピールしているのです。

2.目を逸らす

目を細める猫

一見、非友好的な行動に思えますが目を逸らすことは猫にとって敵意を持たないサインです。人間同士では視線を合わせることは友好的な態度と受け止められやすいですが、猫の場合は目を合わせることはケンカを売られている意味合いとなります。

飼い猫と目が合ったときプイッと顔を逸らされたら、あなたに敵意は持っていないよというメッセージです。

3.しっぽがピンと立っている

しっぽが立っている猫

しっぽの動きは猫にとって感情表現方法のひとつです。しっぽがどういった動きをしているか観察することで猫の気持ちを予想できます。しっぽの動きの中でもピンと垂直に立っている状態で飼い主さんに近づいてきたときは甘えたい気持ちの表れとされています。

大好きな飼い主さんだからこその行動ですので、優しく対応してあげてください。

4.甘えん坊

甘えん坊な猫

猫も認めた相手に対しては心を開きます。猫によっては飼い主さんのことを、母猫のような存在に感じ、あとを付いて回ったり、お腹の上でふみふみしたりと、かまってアピールを頻繁に行います。

かまってアピールがしつこくて煩わしく感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、猫なりに慕っているという表現なので邪険に扱わないであげてください。

まとめ

幸せそうな猫

猫も人に対して尊敬に近い気持ちを抱きます。ただし、人間の尊敬とは少し異なり、飼い主さんを母親のように思っているニュアンスに近いと思われます。

いずれにせよ今回紹介した行動を猫が飼い主さんに向かってした場合、親愛のサインである可能性が高いです。飼い主さんも猫からの親愛に誠意を持って応えてあげてください。

スポンサーリンク