猫が飼い主を気遣っている時の行動3つ

猫が飼い主を気遣っている時の行動3つ

なんとなくマイペースに生きているように見える猫でも、実は意外と身の回りにいる相手のことはしっかりと観察していたりします。中には飼い主さんのことを気遣った行動をとる猫もいるくらい細かく観察している猫もいるのです。そこで今回は猫が飼い主さんのことを気遣っている時によく見られる行動について詳しく解説してまいります。

31996view

猫なりの「気遣っている行動」とは?

リビングでくつろぐ猫

落ち込んでいる時や泣いている時、ひとりにしてほしい時、体調が悪い時など、元気がなくなってしまうことは誰にでもあると思います。そして、そんな様子を察して「愛猫が気遣った行動をとってくれた」と思えるような経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

もちろん猫の性格などにもよりますが、実は猫は人間が思っている以上に飼い主さんのことをしっかりと観察していたりします。

ということで、今回は猫が飼い主さんを気遣っている時によくみせる行動について紹介していきます。あなたのおうちの愛猫も実はさりげなく気遣ってくれているかも!?

1.そばにやってくる

少年によりそう猫

飼い主さんが元気ない状態を察し、そばにきて慰めてくれることがあるようです。

普段は飼い主さんに対してそっけないことが多いのに、落ち込んでいる時や元気がない時に限って近寄ってきたり「一緒に遊ぼう」とアピールしてくるのであれば、それは猫なりの気遣いなのかもしれませんね。

2.察してそっとその場から離れる

立ち去る猫

飼い主さんの様子を見て「今はそっとしておいたほうがよいのかも」と察し、あえてその場からそっと離れる猫もいるようです。

愛猫とゆっくり遊んであげたいけれど、そんな余裕がないくらいぐったり疲れてしまったり、体調を崩してしまうことも時にはありますよね。そのような余裕のない状態を感じとって、そっとしておいてくれる猫の優しさ…。とても癒されますね。

3.中には涙を拭ってくれる猫も…!?

泣く女性

これはレアなケースかもしれませんが、なかには泣いている飼い主さんのそばに愛猫が来て、涙を舐めながら拭ってくれた…という経験がある飼い主さんもいるようです。

猫には「悲しくて涙を流す」という人間のような習性はないため、飼い主さんが泣いていたら「一体何事だ!?」と驚いてこのような行動に出るのかもしれません。

悲しい気持ちになっていたとしても、愛猫にこのような気遣いをされたらとても癒されますし、元気をたくさんもらえそうですね!

まとめ

高齢女性によりそう猫

猫は飼い主さんの気持ちを察してさまざまな行動をとる傾向にあります。

今回紹介した行動も、愛猫が普段から飼い主さんのことをよく観察していて、大好きだからこそやってくれる行動といえるでしょう。

スポンサーリンク