猫を危険にさらす『絶対NGな甘やかし方』4選!病気になる可能性も…?

猫を危険にさらす『絶対NGな甘やかし方』4選!病気になる可能性も…?

愛猫に甘えられるのは嬉しいものですが、甘やかしすぎるのは愛猫のためになりません。飼い主さんが甘やかしたことで、猫が病気になったりケガをしたりするリスクが高まることもあるのです。注意するべき甘やかし方について解説します。

2267view

SupervisorImage

記事の監修

大阪府立大学生命環境科学部獣医学科卒業。その後、約10年に渡り臨床獣医師として動物病院に勤務。予防医療、行動学、老犬の介護問題に興味を持っています。正しい知識と情報を多くの方に伝えたいという思いからWEBライターとして動物関係の記事を執筆しています。

愛猫の甘やかしすぎに注意!

猫にキスをする飼い主さん

可愛い愛猫のことはつい甘やかしたくなるものですよね。もちろん猫が甘えたい気分の時に、飼い主さんがしっかり甘えさせてあげることは絆を深めるうえで大切です。しかし甘やかしすぎると、愛猫のためにはならないということも理解しておく必要があります。

飼い主さんが甘やかした結果、猫が健康を損ねてしまうケースも少なくないので注意しましょう。愛猫のためにしてはいけない危険な甘やかし方を解説するので、普段つい甘やかしすぎてしまっていないか見直すきっかけにしていただければと思います。

猫のためにならないNGな甘やかし方

おやつを食べる猫

1.ごはんやおやつを与えすぎる

食いしん坊の愛猫に「もっとごはんが欲しい」「おやつが食べたいよ」とおねだりされると、それを無視できずに適量以上の食べ物を与えてしまうという飼い主さんは多いのではないでしょうか。しかし食べすぎて肥満になると、糖尿病や高血圧などあらゆる病気のリスクが高くなってしまいます。

適正体重を維持することは、健康的に長生きするポイントの1つです。愛猫にずっと元気でいてもらうために、おねだりをされても甘やかしたくなる気持ちをこらえましょう。

2.人間の食べ物を与える

食べすぎ以外に食べ物関係で気をつけたいのは、人間の食べ物を与えてしまうことです。飼い主さんが食べているごはんやおやつを欲しがる猫は多いですが、どれほど可愛くおねだりされても何でも与えるのはやめましょう。「ちょっとだけなら…」と甘やかして一度与えると、おねだりをすればもらえるのだと愛猫が学んでしまいます。

味つけが濃く、糖分や塩分が多い人間用の食べ物を食べるのが癖になると、猫の健康によくありません。肥満になるリスクだけでなく、与えるものによっては中毒症状を引き起こす危険性も…。

特に猫が食べると危険なチョコレートやネギ類、ぶどうなどは少量でも絶対に与えてはいけません。誤って猫が有害なものを食べてしまうと、命を落とすリスクもあることを理解しておきましょう。

3.常に一緒にいるのが当たり前になっている

甘えん坊な性格だと、飼い主さんのそばから離れずに常に一緒にいたがる猫もいます。飼い主さんがその状態を受け入れて「この子が淋しがるからできるだけ一緒にいよう」と考えていると、愛猫がいつまでも精神的に自立できないままになってしまいます。

いざお留守番が必要になった時に、飼い主さんと離れることに強い不安を感じて「分離不安症」になってしまう可能性もあるでしょう。飼い主さんが不在でも愛猫が安心して自分の時間を過ごせるように、日頃から適度な距離感で接することも大切です。

4.イタズラをしても叱らない

猫と一緒に暮らすうえで、ある程度のしつけをすることは重要です。イタズラをされても厳しく叱れないという飼い主さんもいることと思いますが、イタズラがケガにつながる危険性もあるので、ダメなことはダメだとしっかり教える必要があります。

誤飲や誤食、コンセントや電気コードによる感電、ストーブやアイロンでの火傷など猫のイタズラには危険が多いです。甘やかさずにしつけをすることで、愛猫の安全を守りましょう。

まとめ

ハートを抱っこする猫

愛猫におねだりされると何でも言うことを聞いてしまう、わがまますら可愛く思えてしまうという飼い主さんは確かに深い愛情の持ち主です。おそらく愛猫も、思う存分甘えさせてくれる優しい飼い主さんのことが大好きでしょう。

しかしその愛情や優しさが、猫の健康を害してしまう危険性があるということを理解しておかなくてはなりません。時には厳しく接することが、結果として愛猫のためになるはずです。いつもつい愛猫を甘やかしすぎてしまうという飼い主さんは、ぜひ少しずつNGな甘やかし方をやめる練習をしてみてくださいね!

スポンサーリンク