猫が飼い主に『お尻を向けて寝る』3つの理由!可愛すぎる本音に注目♡

猫が飼い主に『お尻を向けて寝る』3つの理由!可愛すぎる本音に注目♡

時々愛猫に、お尻を向けられることはありませんか?実は、意外な本音が隠された行動なのです!今回は、「お尻を向けて寝る」という行動に隠された本音を紹介いたします。

54221view

猫がお尻を向けて寝るのはなぜ?

お尻を向ける

愛猫がお尻を向けて眠ることはありませんか?一緒に眠る際に顔の近くにお尻があるのはちょっと…と思われるかもしれませんが、理由を知ると愛おしく感じるはずです。

今回は「お尻を向けて寝る」と言う行動に込められた猫の本音を紹介いたします。

1.信頼の証

飼い主さんにお尻を向けるということは、背後を取られるということです。猫は警戒心が強い動物なので、相手に背中を見せるということは信頼しているという証になります。

2.飼い主さんを守りたい!

睡眠中は無防備になるので、爆睡してしまう飼い主さんを危険から守りたいという気持ちもあります。

「ここは私が見張るから安心して寝るんだよ」と頼もしいガードマンになってくれているのです。

3.甘えたい

お尻を向けるのは「撫でて〜」というサインでもあります。飼い主さんに甘えているのです。優しく撫でたり、軽くトントンとしてあげてください。

撫でている途中で、しっぽをバタンバタンと激しく振るようになったらやめてあげましょう。これは「もういいよ」の合図です。そのまま撫で続けるとストレスになってしまうので、気持ちに応えてあげましょう。

お尻を向けている時のNG行動

様子を伺う猫

猫がせっかく信頼してくれているのに、嫌がられることをしてしまったらせっかく築いた信頼関係が台無しです。

猫がこちらにお尻を向けている時には、次のような行動は控えましょう。

大きな声を出す

猫は耳が良いので音に敏感です。大きな声を出すと驚いてしまいます。

普段から気をつけてほしいことなのですが、特に信頼してリラックスしている時は大声を出さないようにしてください。

ちょっかいを出す

モフモフのお尻が目の前にあると、ついついツンツンしたくなりますよね。

くれぐれも、しつこくならないように気をつけましょう。ちょっかいを出しすぎると嫌われてしまいます。

ドッキリを仕掛ける

お尻を向けている隙に背後に物を置くドッキリは絶対にNGです。

最初に紹介したように、お尻を向けてくれるのは「背後を取られても大丈夫」という確信があるからです。その信頼が崩れてしまえば、飼い主さんを警戒するようになってしまいます。

良好な関係性にもヒビが生じてしまうので要注意です。

まとめ

お尻を向けて爆睡する猫

猫が飼い主さんに「お尻を向けて寝る」という行動には、信頼・守りたい・甘えたいなどの本音が隠れていました。

とても愛おしく、頼もしい行動ですね。飼い主さんや、ご家庭に警戒する要素がない証でもあります。

だからこそ、愛猫が嫌がることをしないように気をつけましょう。猫は嫌な出来事を忘れないようにするため、1度信頼が崩れると再構築が難しくなります。

可愛いお尻を眺めながら、一緒にまったり過ごしましょう♡

スポンサーリンク