猫の目が『充血』している原因7つ 放置した場合の危険性は?

猫の目が『充血』している原因7つ 放置した場合の危険性は?

猫のチャームポイントといえば大きな目ではないでしょうか。そんな猫の目が充血してしまうことがあります。猫の目が充血する原因と、充血した目を放置した場合についてご紹介します。

348view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

猫の目の充血の原因

顔を洗う白猫

1.目の外傷

猫の目にゴミが入ったり、猫同士の喧嘩で目を引っかかれたりして目に傷ができると充血します。

2.ドライアイ

目の表面に涙が分泌されなくなり乾燥している状態です。目が充血して白や黄色の目やにが出ます。まばたきによる摩擦で角膜や結膜に傷ができて炎症を起こすこともあります。

ひどくなると角膜が白っぽくなったり、黒ずんだりして、視力低下、出血、角膜に穴が開くこともあります。

3.アレルギー

カビ、花粉、キャットフードの成分などが原因で、目の充血、鼻水、くしゃみ、かゆみなどの症状があらわれます。

前足や後ろ足で目をこすったり目の周りをかいてしまうため、目の周りに傷ができることがあります。

4.結膜炎

結膜炎の子猫

まぶたの裏側にある結膜に炎症が起きている状態です。猫風邪などウイルスや細菌の感染、喧嘩でできた傷、目に入った異物の刺激などが原因です。目の充血、かゆみ、痛みがあり、前足で目をかく仕草をすることがあります。

目をこすって傷ができると悪化してしまい、重症化すると目やにでまぶたがくっついてしまうことがあります。

5.角膜炎

黒目の部分に炎症が起きている状態です。目をしょぼしょぼさせている、涙が出る、目やにが出るなどの症状が見られます。炎症がひどいと目が充血することがあります。

原因は怪我、ウイルスや細菌感染、アレルギーなどです。ひどくなると角膜に潰瘍ができてしまいます。

6.ぶどう膜炎

ぶどう膜と呼ばれる部分に炎症が起こった状態です。目の充血、涙が出る、まぶしそうにするなどの症状があらわれます。

ウイルスや細菌の感染、外傷、目以外の病気などが原因ですが、原因がわからない場合もあります。

7.緑内障

眼圧が上がり、視神経が障害を起こす病気です。目が充血している、目を痛そうにしている、目が大きく見えるなどの症状がみられます。

ぶどう膜炎を発症すると緑内障を発症することがあります。外傷や高血圧なども原因となります。進行すると眼内出血を起こし、視力低下や失明を起こすことがあります。

猫の目の充血を放置するのは危険

病院で顔をチェックされる猫

猫の目の充血は様々な原因が考えられますが、放置すると猫が目をこすって悪化したり、視力低下や失明などにつながったりすることがあり危険です。

目の充血は、目の怪我や目の病気だけでなく全身の病気が関連している場合もあります。猫の目が充血している状態は放置せず動物病院を受診しましょう。

まとめ

目薬をされる猫

猫の目が充血する原因は怪我や病気など様々です。様子を見ていたり、自然に治るのを待っている間に悪化してしまうこともあります。

目が充血している、目を気にしている仕草が見られるなど、普段と違うと感じたらなるべく早く動物病院を受診しましょう。

スポンサーリンク