猫に『無害な植物』6選!選ぶときに注意するポイントとは?

猫に『無害な植物』6選!選ぶときに注意するポイントとは?

猫は肉食動物ですが、植物を食べたがったり、じゃれて噛んだりする猫がいます。部屋に置く観葉植物などは猫に安全な植物を選びたいですよね。猫に無害な植物と、選ぶときの注意点をご紹介します。

532view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

猫に無害な植物

猫草と猫

1.猫草

えん麦など猫に無害なイネ科植物は「猫草」と呼ばれていて、種や鉢植えがペットコーナーで売られています。毛玉など胃の不快感を猫草を食べて刺激して吐き出す、便秘解消、栄養補給が目的ではないかと考えられています。

猫草を食べたがる猫もいますが、猫草に興味がなく食べない猫もいるので無理に与える必要はありません。

2.パキラ

手を広げたような葉が特徴の観葉植物です。茎や葉に毒性はありません。種は有毒ですが、一般的に販売されているパキラが花をつけて実ができることはほとんどありません。

もしパキラが花を咲かせたら、猫が触れられない場所へ移動させましょう。

3.サンスベリア

サンスベリアと猫

上に向かって伸びる厚みのある葉が特徴の植物で、インテリアとしても人気のある観葉植物です。葉の模様がトラのしっぽを連想させるので「虎の尾」という別名もあります。毒性はありませんが、先端が尖っているので注意しましょう。

4.コチョウラン

ラン科の植物で、お祝いのギフトに人気の植物です。ラン科の植物は猫に無害で口にしてしまっても安全です。

5.ガーベラ

1年を通して花屋さんに並ぶ花です。猫に無害な花です。

6.バラの切り花

バラの花・茎・葉は安全ですが、実・種は猫に危険であるとされています。猫がいる場所にバラを飾る場合は、切り花の方が安全です。

猫に無害な植物を選ぶときの注意点

本を見る人と猫

本などで確認する

猫が口にすると危険な植物は多くあります。観葉植物や花などを買う前や飾る前には、本などで猫に有害な植物か無害な植物か確認をしましょう。

人が口にしても無害な植物でも、猫にはとても危険な植物もあるのでチェックすることはとても重要です。

有毒でなくても猫が食べて体調不良になることがある

猫は肉食動物なので植物を食べる必要はありませんが、観葉植物や花などを食べたがる猫がいます。揺れる葉っぱにじゃれてかじってしまうこともあるのです。食べてしまった植物が猫に有毒ではなかった場合でも、食べ慣れない物を食べたことや食べすぎてしまったことで、嘔吐したり消化不良を起こしたりする可能性があります。

猫が観葉植物や花を食べないように鉢にカバーをつけたり、吊り下げたり工夫をして飾りましょう。猫草は猫が食べすぎないように飼い主さんが管理をしましょう。

まとめ

ガーベラと猫

猫に無害な植物は、猫草、サンスベリア、ガーベラなどがあります。観葉植物や花など植物を部屋に飾るときは、本などで猫に有害か無害かを確認してからにしましょう。

たとえ猫にとって無害な植物であっても、実際に食べてしまうと嘔吐してしまうケースなどもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク