猫は溜め水より『蛇口からの水』が好き?不思議な4つの理由

猫は溜め水より『蛇口からの水』が好き?不思議な4つの理由

猫の中には猫用給水器に用意した水より、蛇口から垂れる水滴の方を好む子がいます。猫と水の関係は研究途中な点もありますが、蛇口の水が好まれる理由はいくつか考えられています。今回は猫が給水器に溜めた水より蛇口からの水を好む4つの理由を解説します。

511view

1.好奇心がそそられる

蛇口の水をなめる猫

猫は好奇心旺盛な生き物です。普段の生活でいつも見かける溜め水よりも蛇口を捻ったときだけ流れ出る水の方に興味を持ちやすいです。変化がない溜め水と違い、蛇口からの水は流れる音が発生することが理由として考えられます。

2.溜まっている水に対して警戒心

猫と水

好奇心旺盛な反面、警戒心も強いのが猫の不思議なところです。猫のよってはいつも溜まっている水は不衛生で危険かもと警戒しているかもしれません。

また、多くの猫は冷たい水を苦手とします。特に体が冷えやすい冬の季節は冷たい水を避けることが多くなります。猫に与える水は常温もしくは、ぬるま湯程度の温度帯が好ましいです。

3.流れている水の方が認識しやすい

猫と蛇口

猫の視覚に関して、研究途中な点が多々あります。中でも水に対しては意見が様々で、流動性のない水は認識しておらず、反対に流れている水は認識しているという説もあります。

流れている水は音も発生すことも要因として考えられます。もしかしたら、猫のために用意している給水器の水は猫から認識されていない可能性はあります。

4.新鮮な水を求めている

水を舐める猫

人間同様、猫も新鮮な水を好んで飲みます。用意してから何日も経過した水は猫からしても不快なものです。基本的に猫の飲み水は毎日交換されることを推奨します。

衛生面が不安な夏の季節は朝と夜2回、飲み水を交換する方が好ましいです。また、器に関しても放置することで細菌やカビが繁殖し不衛生となる恐れがあるため、こまめに洗うことが大切です。

まとめ

蛇口から垂れる水を舐める猫

猫の中には溜めてある水よりも蛇口から出る水を好む子もいます。とはいえ、猫が望むままに蛇口をなめさせるのは衛生的に好ましくありません。蛇口を捻ることを覚えられてしまうと、留守中に水を流しっぱなしにされ水道代を圧迫する可能性も考えられます。

猫にとっては残念かもしれませんが、蛇口の水より溜めている水を飲んでもらうよう、しつけることをオススメします。

スポンサーリンク