猫が『人に添い寝したくなる』5つの場所♡上手に誘導する方法とは?

猫が『人に添い寝したくなる』5つの場所♡上手に誘導する方法とは?

猫に添い寝をしてもらうのは、猫を飼ったときの憧れという方も多いのではないでしょうか。猫はどういった場所に添い寝をしてくれるのか、添い寝を誘導する方法についてご紹介します。

3769view

猫が添い寝したくなる場所

猫と一緒に寝る人

1.飼い主さんの顔の近く

子猫が寝る時は、母猫やきょうだい猫に顔を近づけて寝ています。

同じように、飼い主さんのことを母猫のように思っている子猫や成猫になっても子猫気分のままの猫、甘えん坊の猫は、飼い主さんの顔に体をくっつけて寝たがります。

2.飼い主さんの足もと

飼い主さんとくっついて寝たいけど睡眠を邪魔されたくない猫や、あまり甘えん坊ではない猫は飼い主さんの足の近くで寝たがります。

我が家の猫たちは、足に寄りかかって寝ていることが多いです。子猫のころは顔の近くで丸くなって寝ることもありましたが、成猫になるとしなくなりました。

3.飼い主さんお腹の上

お腹の上で眠る猫

飼い主さんのお腹が柔らかくてあたたかく、猫にとって寝る場所にちょうどいいのです。

飼い主さんが横になると、必ずお腹の上に乗ってくる、という猫もいます。

4.布団の中

猫は狭くて薄暗い場所が好きです。布団はその条件が揃っているので、布団にもぐる猫は多いです。

飼い主さんが布団に入っていれば、布団の中はあたたかくなりますよね。狭い、暗い、あたたかい、さらに飼い主さんにくっついていられるので添い寝したくなるのです。

5.布団の上

猫は狭くて薄暗い場所が好きですが、布団の中が苦手な猫もいます。そんな猫が飼い主さんに添い寝したくなるのは布団の上なのです。

飼い主さんの体に寄りかかり、布団の上であたたかく寝られるのがいいのでしょう。猫によっては「布団の生地が好き♡」という場合もあります。

ふわふわの布団に体が埋もれる感じや布団の肌触りが好きという理由で、飼い主さんが寝る布団の上で添い寝をします。

猫を添い寝に誘導するには

寝そべって猫の頭をなでる人

信頼関係を作る

猫は信頼していない人には近づきません。そのため、おうちに迎え入れたばかりの猫とは、信頼関係を築くことから始めましょう。

毎日のお世話や、話しかける、猫が喜ぶスキンシップをすることで信頼が厚くなります。

猫を連れてきてみる

飼い主さんが寝るときに猫を連れてきてみましょう。枕元や布団の上など、猫が添い寝したがる場所に乗せてあげると、添い寝をしてくれるようになるかもしれません。

もし猫が嫌がって逃げてしまったら深追いはしないようにしましょう。強制的に何かをされることを猫は嫌がるので、飼い主さんに添い寝することが嫌なことになってしまう可能性があります。

猫のペースに合わせる

猫が添い寝するのは季節や室温にもよります。寒い時期だけ添い寝をする猫や、気分が乗らないときは添い寝をしない場合もあります。

また、猫の性格によっては、添い寝を好んですることもあれば、あまり好きではないということもあります。

猫の気持ちを考えながら、猫のペースに合わせて誘導してみましょう。

まとめ

人の足の上で寝る猫

猫が添い寝したくなるのは飼い主さんの顔や足もと、布団の中や上などです。

まだ添い寝しれもらったことが無い場合は、上記を参考に猫との信頼関係を深めて、添い寝に誘導してみましょう。

スポンサーリンク