猫が『飼い主の服の上で寝る』4つのワケ♡大好き以外にも理由がある?

猫が『飼い主の服の上で寝る』4つのワケ♡大好き以外にも理由がある?

猫が気持ちよさそうに寝ているなと思ったら、飼い主の服の上だった…。猫を飼っていると、そんなこともありますね。困ってしまうけど、起こすわけにもいかず…。なぜ、猫は飼い主の服の上で寝るのでしょうか?

4485view

1.温かいから

ニットの上で眠る子猫

取り込んだ洗濯物をそのままにしていると、猫が上で寝ていることはありませんか。これは、日差しを受けて乾いた洗濯物が温かいからです。寒い日は温かい場所でぬくぬくしたいんです。その気持ちはわかりますよね。

干した布団の上で寝ていることもありますね。(せっかく干したのに…)と思いつつ、気持ちよさそうな寝顔につい許してしまいます。

2.匂いがするから

ジーパンの中で寝ている猫

いつも一緒にいる飼い主の匂いは、猫が安心できる匂いです。飼い主がいつも着ている服からは、飼い主の匂いがするので、その上で寝るのはリラックスできるのでしょう。甘えん坊の性格の猫は、特に飼い主の匂いに包まれているのが好きなようです。

逆に、猫が飼い主の服に自分の匂いをつけていることも考えられます。匂いをつけるという行為は、自分のテリトリーをアピールするため。たとえ室内であっても、猫は家具などに匂いをつけて縄張りを主張するのです。

服だけでなく、飼い主がそばにいれば、飼い主に匂いをつけることもあります。生きている人間に対して匂いをつけるなんておかしな話に聞こえるかもしれませんが、猫はそのようにして飼い主を自分のものだと主張しているのです。

3.感触がよい

積み重ねた衣類の上の猫

寝る場所を探していたら服が置いてあって、上に乗ってみたら寝心地がよさそう…。たまたまそこにあったから寝てみた、という感じです。その服の感触が好きだったのでしょう。

あるいは、服が何枚か重なっている場合、寝るのに厚みがちょうどよかったのかもしれません。猫は居心地のよい場所を見つけるのが上手ですね。

4.大好きだから

重ねたニットの間から顔を出す猫

もちろん猫が服の上で寝るのは、その服の持ち主が大好きだからに他なりません。嫌いな人の匂いがする服で、わざわざ寝ることはないでしょう。

留守番をしている時に飼い主がいなくて寂しいので、代わりに服の上で寝ていることもあります。飼い主と一緒にいる気分なのかもしれません。

服の上で寝るのは、飼い主への愛情表現ともいえるでしょう。困ってしまうこともありますが、猫に好かれているのは嬉しいですね。

まとめ

服の上で眠る猫

猫が飼い主の服の上で寝るのは、もちろん飼い主のことが大好きだから。でも、それ以外にも理由がありました。

猫が気持ちよさそうに寝ていたら、起こすことなどできませんよね。でも、猫が敷いてれば当然抜け毛がついたり、爪を立てられることもあります。でも猫を叱ることはできません。

汚れたり傷ついたりして困る大切な服は、最初から出しっぱなしにしないようにしましょう。

スポンサーリンク