猫が死ぬ直前に飼い主へ伝えたい3つのこと

猫が死ぬ直前に飼い主へ伝えたい3つのこと

愛猫との別れはいつか必ず訪れます。最期のとき、猫が飼い主さんに何か伝えたいことはあるのでしょうか?死を悟った猫から飼い主さんへのメッセージを3つご紹介します。言葉を持たない猫ですが、飼い主さんへの温かな思いがあることを感じましょう。

3756view

死を悟った猫は伝えたいことがある

手紙を持った猫

猫の飼い主さんは、愛猫を家族のように大切にしていることでしょう。しかし猫は人間よりも寿命が短く、一緒にいられる時間には限りがあります。悲しいですがお別れのときは必ずやってくるのです。

猫は自分の死期を悟るといわれており、死ぬ直前はひとりになろうと飼い主さんのそばを離れる子もいれば、いつも以上に飼い主さんに甘えたがる子もいるようです。死を目前に控えた猫は、どのような気持ちでいるのでしょうか。

言葉を持たない猫も、天国へ旅立つ前に飼い主さんに伝えたいことがあるはずです。猫がお別れの前に飼い主さんに何を伝えたいのかをご紹介します。

愛猫から飼い主さんへ最期のメッセージ

ハートと猫

1.今までありがとう

猫は死期が迫るといつも以上に飼い主さんに甘えたり、体が弱っているのに急に元気な姿を見せたりすることがあります。これは「エンジェルタイム」と呼ばれ、猫が天国に旅立つ前に飼い主さんと最期の時間を過ごしながら、「今までありがとう」と感謝の気持ちを伝えようとしているのではないかと考えられています。

愛猫との別れが近づいていると思うと悲しみで胸が潰れそうになってしまいますが、せっかく愛猫がくれた最期の時間です。感謝を伝えようとしてくれている気持ちを受け止めて、飼い主さんからも「一緒にいてくれてありがとう」「あなたと出会えてよかったよ」と愛猫への思いを伝えましょう。

優しく撫でて、たくさん甘やかして、「大好きだよ」という気持ちを伝えて、後悔のないように残された時間を過ごしてくださいね。

2.これからも見守っているよ

死んでしまった猫の魂がどうなるのか、確かなことは生きている私たちにはわかりません。しかし死んだ愛猫の気配を感じたという体験をされた方や、愛猫が見守ってくれているのを感じるという方は少なくないようです。

「まだ飼い主さんのそばにいたい」「飼い主さんが心配だから見守っていたい」、そのような気持ちを抱いている猫は、きっと亡くなってからも飼い主さんを見守ってくれることでしょう。

3.悲しんでばかりいないで、幸せになって

猫は自分の死が飼い主さんを悲しませることを心配します。愛猫の死を悲しまないというのは無理な話ですし、我慢せずに思い切り泣く日があってもよいでしょう。大切なのはゆっくりでもいいから悲しみを乗り越えて、愛猫と過ごした日々を幸せな思い出にすることではないでしょうか。

猫は自分がそばにいられなくても、飼い主さんの幸せを願っているものです。死後も見守ってくれている愛猫に安心してもらえるように、少しずつ悲しみから立ち直って笑顔を取り戻していきましょう。

飼い主さんを見守っていて「もう大丈夫そうだな」と思えたら、猫は生まれ変わるといわれています。またどこかで会えるかもしれない、そう信じることも希望になりますね。

まとめ

飼い主さんの鼻を舐める猫

猫が死ぬ直前に、飼い主さんにどのようなことを伝えたいのかをご紹介しました。もちろん猫の本心を聞いたことがあるわけではありませんし、死後の世界のこともただの空想といわれてしまえばそれまでです。

それでも愛猫との最期の時間を、愛猫からの愛と優しさに溢れた思いを感じながら過ごすことは、飼い主さんにとっても猫にとってもよいことではないでしょうか。愛猫がいつまでも飼い主さんの幸せを願ってくれていると信じて、お別れの後も自分の幸せを見つけていきましょう。

猫は生まれ変わってまた会えるという説もあれば、虹の橋で飼い主さんが人生を全うするのを待っているという説もあります。いつかまた会えるその日を信じて、愛猫との思い出を大切に抱えながら生きていきたいものですね。

そして何より愛猫が生きているうちは、一緒に過ごせる幸せを噛みしめて愛情をたっぷり注ぎましょう。お別れの後も色褪せない、素敵な思い出をたくさん作ってくださいね!

スポンサーリンク