猫から絶対目を離さないで!危険なタイミング4つ

猫から絶対目を離さないで!危険なタイミング4つ

室内飼いの猫は、危険が多い外で暮らす野生の猫と比べ、人間に守られた安全な暮らしをしています。ですがそんな家の中でも、猫から絶対目を離せない危険なタイミングがあります。猫が危険な目に遭わないように対策をしていても、人間の目をすり抜けることも。大切な飼い猫を守るために、家庭の中で起こりうる危険なタイミングについてぜひ知っておきましょう。

689view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.猫がキッチンにいるとき

キッチンにいる猫

キッチンは、猫にとって危険なものが多く、猫の動きから目が離せない場所です。たとえば、火を扱うガスコンロや包丁など。猫がキッチン周りを動き回り、誤ってコンロのスイッチを押してしまったり、包丁を落としてしまったりすると、火傷や怪我の原因になり得ます。

また、キッチンには様々な食材があり、その中には猫の健康を害するものも。チョコレートやタマネギなどは、その代表例。猫が口にすると下痢や嘔吐、けいれんを引き起こす可能性があるため、猫の前では隠す必要があります。

猫をキッチンに入れないように対策するのがベストですが、家の構造上難しい場合もあるでしょう。猫がキッチンに入ってきたら、猫にとって危険なものは隠し、猫の動きから目を離さないようにしてください。

2.窓を開けているとき

窓際にいる猫

部屋の換気などで窓を開けるタイミングについても、注意が必要です。窓を開けたままにしてしまうと、猫が外へ逃げ出してしまう恐れがあります。網戸をしていても、そこを突き破ったり、猫自ら器用に開けてしまうことも。

室内外の猫は、慣れない外の世界に行ってしまうと、自宅への帰り道がわからなくなり迷子になることが多いです。外の世界は車の行き交いなどもあり、事故に遭う可能性も高まります。

また、部屋の階層が高い場合、窓から転落してしまう危険性があるので、その点も注意が必要です。

窓を開けるときは、出来る限り猫を窓に近づけさせず、そばで見守るようにしてください。

3.浴槽にお湯を溜めているとき

浴槽で遊ぶ猫

お風呂の浴槽にお湯をためている状態のときも、猫から目を離さないようにしましょう。

お湯が浴槽にたまるのを観察したり、浴室内を探索するのが大好きな猫もいます。しかし浴槽は滑りやすく、猫が誤ってお湯のたまった浴槽に落ちて溺れてしまう危険性があります。

お風呂にお湯を溜めているとき、溜まっている状態のときは、猫から目を離さないでください。また、浴室には猫を近づけさせない、お湯を使ったらすぐにお風呂からお湯を抜くなどして、猫の身を守るための対策もしていきましょう。

4.猫がおもちゃで遊んでいるとき

紐で遊ぶ猫

実は、猫がおもちゃで遊んでいるときも、猫から目が離せないタイミングです。特に、猫じゃらしといった猫専用のおもちゃではなく、身近にある紐やアクセサリー、ビニール袋などの小物で遊んでいるときほど要注意。なぜなら、誤飲・誤食の可能性が高まるからです。

猫が誤飲をしてしまった場合、手術が必要となることもあり、場合によっては命の危機になることも。そのようなことが起こらないよう、猫が身近なものでひとり遊びをしているときは、必ず猫の様子を見るようにしてあげてください。

おもちゃの種類によっては、猫が遊べないよう回収するようにしましょう。

まとめ

猫を見守る人間

猫から目が離せない、危険なタイミングについて紹介しました。猫は、好奇心旺盛な子も多く、目を離した隙に人間がヒヤリとする行動をする場合があります。

私たち人間にとっては危険でもなんでも無い物も、身体の小さな猫にとっては大きな怪我に繋がることがあるのです。そのことを意識しながら、大切な飼い猫がいつまでも安心して暮らせるように、見守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク