猫がとても大切にしている『家族』へする5つの行動

猫がとても大切にしている『家族』へする5つの行動

猫は、大切に思っている人にだけする特別な行動があります。それはどのような行動なのでしょうか?詳しく解説いたします。

23199view

猫が大切な家族にする行動

甘える猫

猫は警戒心が強い動物ですが、大切な相手には愛情深い一面を見せてくれます。ここでは家族だけにしてくれる特別な行動を5つ紹介いたします。

1.体を舐める

愛猫がペロペロと体を舐めてくれることはありませんか?これは親しみを込めたグルーミングの1種です。

愛情表現・親心(母猫が子猫の世話をしている気分)・子猫気分で甘えたいなどの気持ちの表れです。

相手との距離感が近くなるので、信頼関係が築けていなければできない行動です。

2.膝やお腹の上に乗る

抱っこは苦手だけれど、膝やお腹の上には乗ってくれるという猫も多いでしょう。体に乗るだけであれば拘束されることがないので、安心して甘えることができます。

とはいえ、これも相手に接近することになるので、心を許している人限定になります。

3.移動するとついてくる

見上げる猫

まるでストーカーのように後を追ってくる猫がいますよね。これは、飼い主さんの行動が気になって仕方ないからなのです。

猫は大好きな人が行こうとする場所、これから取る行動に興味を持ちます。中には母猫として見守ろうとする猫もいますが、何れにしても強い関心を持ってくれている証です。

逆に、嫌いな人や興味のない相手は無視することがほとんどです。

4.一緒に眠る

猫は元々、単独で生活する動物です。母猫から独立した後はひとりで眠ることが基本になります。

誰かと一緒に眠る習慣がないのにも関わらず、布団の上や中で一緒に眠ってくれるのは、飼い主さんが特別な存在だからです。「お母さんみたいで安心する」「仲間だから大丈夫」「寒いときは猫団子(身を寄せ合うこと)に限る」などの心境が込められています。

警戒心が極めて薄い猫は、飼主さんの隣りで仰向けになって寝ることもあります。この姿勢を「ヘソ天」といいます。

5.名前を呼ばれると反応する

最近の研究で、猫は飼い主さんと他人の声を聞き分けられることが明らかになっています。

スピーカーを通して名前を呼んでみたところ、飼い主さんの声が聞こえたときのみ振り向いたり、スピーカーに興味を持ってくれました。

普段は素っ気ない態度を取りつつも、飼い主さんのことが好きなのです。

愛猫に愛を伝える方法

ハートの手

他の人にはしてくれない特別な行動をしてくれるのであれば、私達も愛を伝えたいですよね。大切な愛猫に気持ちを伝える方法をいくつか紹介いたします。

ゆっくり瞬きをする

愛猫と目が合ったら、ゆっくり瞬きをしてみましょう。これは「大好きだよ」というジェスチャーになります。

擦り寄っていたら撫でる

愛猫がスリスリと甘えてきたら、撫でてあげましょう。こうすることで、同調することができます。

身体を舐めてくれたときも、舐めてお礼を言うことができない代わりに撫でてあげると喜びます。

言葉で気持ちを伝える

もちろん、言葉で直接気持ちを伝えるのもありです。猫はよく耳にする単語を音として理解することができます。

「可愛いね」「いい子だね」「大好きだよ」と、褒め言葉をたくさんかけてあげてください。

まとめ

おなかの上に乗る子猫

猫が「家族」など特別な人だけにしてくれる行動を紹介いたしました。猫は人に興味がないといわれていた時代もありましたが、そうではないことが明らかになりつつあります。

確かに犬のように従順ではありません。それでも大好きな飼い主さんには心を許し、甘えてくれると思うと嬉しくなりますね。

「うちの子はあまりしてくれない」と感じた飼い主さんもガッカリしないでください。そういう猫は、より猫らしい自立した性格ということも考えられます。また、ちょっぴり愛情表現が不器用な猫もいるでしょう。

さり気なく目が合ったらラブコールを送り、隣に座ってくれたらにおいを嗅がせてあげましょう。気が向いたら甘えてくれるようになるかもしれません。

どんな猫も、のびのびと暮らしているのであれば、お家に満足している証です。改めて愛猫の行動を良く見てあげてください。

スポンサーリンク