猫が飼い主を『軽蔑』している時の態度3つ!考えられる原因と解決策

猫が飼い主を『軽蔑』している時の態度3つ!考えられる原因と解決策

猫の態度に「あれ?軽蔑されてる?」なんて感じたことはありませんか?猫が飼い主を軽蔑している時は、態度に表れます。猫がどのような態度をしていたら、軽蔑されている意味なのでしょうか?なぜ、軽蔑されてしまうのでしょう?

4043view

1.触らせてくれない

振り返る猫

猫を撫でようと思って近づくと、逃げられてしまう…軽蔑されているようで、悲しくなってしまいますね。

猫は飼い主とのスキンシップが好きですが、気分がのらない時は触られるのを嫌がります。そっとしておいてほしいと思っている時に近づくと、どこかへ行ってしまうかもしれません。猫とのスキンシップは、猫のペースに合わせてあげましょう。

しかし、いつでも逃げられてしまう場合は、本当に軽蔑されてしまったのかも。まだ信頼関係が築けていない可能性があります。

しかも、そんなときに無理に距離を縮めようとするとかえって逆効果。適度な距離を保ちながら、少しずつ信頼関係を深めていって下さい。

2.呼びかけを無視する

背中を向ける猫

名前を呼んでも来ない、返事もしない。猫のそんな態度には(軽蔑されている…)と感じてしまいますね。

しかし、実は猫なりの方法で返事をしていることもあります。呼んだ時にしっぽや耳を動かすのは「聞いてるニャ」という合図。返事をしたり、わざわざ動いて飼い主のところへ行くまでもない、なんて時に体を使って返事をしているのです。

反応はしてくれているので、それ以上しつこく呼ぶのはやめておきましょう。あまりしつこいと、軽蔑して、何の反応もしてくれなくなるかもしれません。

3.威嚇される

威嚇する猫

猫に近づいたら「シャーッ」と牙を剥き出して威嚇された…これは、ちょっとショックです。軽蔑されたかも、と思ってしまいますね。

でも、まだお迎えしたばかりの頃にはこんなこともあります。特に保護猫の場合は警戒心が強いので、しっかりお世話をしていても、なかなか心を開いてくれないことがあるのです。

猫の方も、新しい飼い主、新しい環境に慣れずに不安を抱えています。焦らずに、ゆっくり時間をかけて慣れてもらいましょう。

猫に軽蔑される原因と解決策

キャットタワーの上で不機嫌そうに横を向く猫

猫に軽蔑されてしまうのは、猫が嫌がることをするからです。猫の気持ちがわかれば、軽蔑されることもなくなるでしょう。

猫が嫌がるのはどんなことかというと、猫のペースを無視して構ったり追いかけまわすこと。これが猫は本当に嫌いです。猫は甘えたくなると自分から寄ってくるものなので、スキンシップはその時がチャンスです。ただし、いつまでも撫で続けていると嫌がることがあります。猫がイライラしてきたら、もう放してあげないといけません。

また、叱る時に怒鳴ったり、叩くのもタブーです。飼い主のことを怖い人だと認識し、軽蔑される原因になります。

それから、基本的な猫のお世話ができていない時も軽蔑されてしまうでしょう。特に、トイレの汚れは猫にとって大問題。汚れたトイレでは排泄しないこともあります。トイレはいつも清潔にしておいてあげましょう。

猫に軽蔑されないようにするには、これらのことを心がけることが重要です。

まとめ

椅子の上で上目遣いに寝そべっている猫

猫のことが大好きなのに、その猫から軽蔑されるなんて悲しいですね。

しかし、早く仲良くなりたいからと人間のペースで近づいては逆効果。猫は、猫のペースに合わせてくれる人が好きなのです。

猫の習性を正しく理解し、どうしたら猫が安心して快適に過ごせるかを考えて行動しましょう。

スポンサーリンク