『大きくならない猫種』5選!小さいからこそ潜む危険とは

『大きくならない猫種』5選!小さいからこそ潜む危険とは

小柄な猫は守ってあげたくなる可愛らしさがありますし、居住スペースが狭くても飼いやすいので人気があります。成猫になっても体が小さいのが特徴の猫を5種ご紹介しますので、小型の猫を飼ってみたいと考えている方は参考にしていただけると幸いです。

9691view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

いつまでも子猫のように愛らしい小型の猫種5選!

マンチカン

猫は種類ごとに体の大きさが異なります。成猫になっても体重が2~4kgほどにしかならない小型の猫もいれば8kg近くまで育つ大型の猫もいるので、飼い主さんの好みや飼育環境に合わせて猫種を選びましょう。

小型の猫は子猫のようにいつまでも可愛らしいという外見の魅力の他にも、居住スペースが広くなくても飼いやすく、鳴き声や活動音も控えめというメリットがあります。

また小柄なぶん食事の量も少ないのでキャットフードの費用もそれほどかからず、抱っこするのも楽で扱いやすいのも助かりますね。

小さな猫と暮らしたい方におすすめの小型猫を5種ご紹介します。

1.シンガプーラ

シンガポール生まれの猫種で、純血種の中では世界最小の猫といわれています。成猫でも体重が2~3kg程度にしかならない小柄な体格から「小さな妖精」と呼ばれることも。ぱっちりとした大きな目やセピア色の美しい短毛は、まさしく妖精のように可愛らしいです。

野生時代はネズミを狩って生活していたので、運動神経が良く活発です。また甘えん坊な傾向があり、飼い主さんにとても懐いて一緒にいたがる子が多いとのこと。一方で人見知りだったり慣れない環境が苦手だったりと、繊細な一面も持っています。

2.マンチカン

短い足が特徴のマンチカンは、「子ども」「小さい」という意味の英語「マンチキン」からつけられた名称です。成猫時の体重は2~4kg程度になります。胴長短足の体でよちよち歩く姿が可愛くて人気ですが、マンチカンにも足長タイプや中足タイプの子もいます。

同じマンチカンでも足の長さでイメージが変わり、それぞれ個性があるのが魅力的ですね。性格は明るく社交的な子が多いので、多頭飼育にも向いている猫種です。

3.ミヌエット

マンチカンにペルシャを掛け合わせた猫種です。成猫時の体重は2~4kg程度になります。マンチカンの短い足とペルシャなどのふわふわした被毛が特徴の、可愛らしさとゴージャス感を併せ持った見た目が人気です。

性格もマンチカンとペルシャの両方の要素を持っており、人懐っこく甘えん坊で好奇心が旺盛という子が多いようです。

4.ラムキン

マンチカンにセルカークレックスを掛け合わせた猫種で、成猫時の体重は1.8~4kg程度です。セルカークレックスの特徴である巻き毛が羊に似ていることから、「子羊」を意味する「ラムキン」という名前がつきました。

家族と一緒に過ごしたりスキンシップをとったりすることを好む子が多いので、愛猫といつも一緒にいたいという方に向いている猫種でしょう。長時間のお留守番はストレスになることが予想されるので、配慮が必要ですね。

5. スキフトイボブテイル

家庭で飼える世界最小の猫種は、スキフトイボブテイルです。まだあまり有名な猫種ではありませんが、成猫時の体重は2kg程度と小型猫の中でも特に小柄といえるでしょう。

シャム猫から生まれた猫種なので見た目もシャム猫にそっくりで、白い被毛をベースに顔の真ん中や耳、足先が黒っぽくなっているのがおしゃれですね。人懐っこく甘えん坊な性格も可愛らしいので、今後知名度がアップすれば人気の猫種になっていくかもしれません。

小さな猫と暮らすうえでの注意点

洗濯機から出られなくなった猫

小型の猫との暮らしにはメリットも多いですが、体が小さいからこそ危険が大きい部分もあるので飼い主さんが安全に配慮することが大切です。

たとえば小さな猫は思いもよらない隙間に入り込んでしまうことがあるので、危険な場所には入れないように塞ぐなどの対策をしましょう。また小さすぎて視界に入りづらいため、飼い主さんに踏まれてしまう危険性も高いです。愛猫がどこにいるのかを常に把握しておきたいですね。

さらに小型の猫は好奇心が旺盛で活発な傾向があるので、イタズラが事故につながってしまうケースも考えられます。電気コードの保護や火傷の恐れがあるものに近づけないようにするなど、家の中は安全な環境を整えましょう。ドアの隙間からの脱走にも注意が必要です。

健康面では、肥満にならないように気をつけることがポイントです。小型の猫は骨格が小さいため、体重が重いと体に負担になります。体が小さいぶん食べる量も少なめで十分なので、小型の猫に適した量を与えて適正体重を維持しましょう。

まとめ

シンガプーラ

いつまでの子猫のように小さい猫種は、可愛らしいうえに飼いやすいので人気です。甘えん坊だったり人懐っこかったりと一緒に暮らしやすい性格の猫種が多いので、初めて猫を飼うという方にも小型の猫は向いているでしょう。

気になる猫種を見つけられた方は、ぜひその猫種の特徴や一緒に暮らすうえでの注意点を詳しく調べてみてくださいね。体の小さな猫が安心して暮らせるように、しっかり準備を整えてから迎えてあげてください♪

スポンサーリンク