猫にとって『最高に幸せな生活』の条件とは?3つのポイント

猫にとって『最高に幸せな生活』の条件とは?3つのポイント

皆さんにとって「幸せと感じる生活の条件」は何がありますか。人によってそれぞれ条件は異なるとは思いますが、実は猫にも「幸せと感じる生活の条件」があります。今回は猫が感じる最高に幸せな生活の条件について紹介します。

7262view

猫が考える「幸せな生活の条件」とは

顎の下を撫でられて嬉しそうな猫

皆さんは生活をしていく上でどんな条件を求めていますか?「くつろげる環境がほしい」「誰かと一緒に生活したい」など、人によって幸せの条件は異なりますよね。

実は猫も人間と同じように「こんな生活が手に入ったら幸せなのになぁ〜」と思う条件があるのです。

そこで本記事ではさまざまな猫が考える「最高に幸せな生活の条件」について解説していきます。

これから猫をお迎えする予定がある人や、猫との生活をもっとより良くしたい!と考えている飼い主さんのお役に立てれば幸いです。

1.食事や掃除などが常に行き届いている

食事中の猫

飼い猫にとって、食事の質や身の回りの掃除は全て「飼い主さん次第」といえます。

飼い主さんが愛猫の食事の好みなどを把握し毎日きっちり給餌してあげたり、猫用トイレの掃除や散らかった室内の片付けをしてあげることによって、猫の生活水準は大きく変わってくるのです。

特に食事や猫用トイレに関するお世話は、猫にとって重要な項目でもあるので、不備がないように常に行き届いたお世話を心がけるようにしましょう。

2. 静かでくつろげる環境がある

ソファで並んでくつろぐ2匹の猫

猫も人間と同じで、くつろぎたい時は静かな場所で過ごしたがる傾向にあります。そのため、室内に静かな環境やひとりでまったりとできる空間を作ってあげることも大切です。

反対に、常にバタバタと大きな物音が聞こえてくるような環境や、ひとりきりになれる場所がない室内だと、猫がリラックスできず息詰まってしまう可能性も。そのような場合は、できるだけ環境の改善を図ってあげるのが好ましいです。

3.甘えたい時に構ってくれる相手がいる

抱っこされる子猫

これは猫の性格にもよりますが、甘えん坊な性格の猫の場合「構ってくれる相手の存在」も重要な条件となってくることが多いです。(甘えたい!)と思ったタイミングでいつも撫でてくれたり一緒に遊んでくれる飼い主さんは、猫にとって大きな支えや癒しとなる存在といえるでしょう。

ただし、猫にも「気分」があるので、構ってほしくない気分の時も当然あります。ベタベタと常に構おうとしてしまうとかえって猫に嫌われるケースもあるので、あくまでも「猫が甘えたいと思っている時に構う」のが大きなポイントといえるでしょう。

まとめ

抱かれる猫

猫の求める幸せな生活の条件は、決してハードルが高いわけではなく、飼い主さんの努力次第でいくらでも改善できるものが多いです。

猫と一緒に生活をするのであれば、愛猫が快適に過ごせるようにさまざまな工夫を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク