猫にとって『居心地がいい・悪い環境』

猫にとって『居心地がいい・悪い環境』

愛猫が家を居心地がよいと感じているのか、それとも悪いと感じているのか、よくわからないと悩む飼い主さんがいるかもしれません。猫にとって快適な環境とは、どのようなものなのでしょう。また、逆に快適ではない環境とは?

1029view

日光が当たる

日向ぼっこ

なんといっても、日光が当たる場所は、猫が「快適だ」と感じる環境です。ぽかぽかした陽気の中で日向ぼっこをしたり、体温調節をしたり。猫の健康維持にも、日光浴は大切です。

日光が当たる場所に、触り心地のよいタオルや毛布、もしくは猫ベッドなどを置けば、きっとお気に入りの場所になるでしょう。そこでくつろげば、「居心地がよい」と感じてくれるはずです。

高さがある

キャットタワー

猫は、上下運動が好きなので高さがある場所を好みます。また、高いところは周囲が見渡せて気温的にも快適なので居心地がよいと感じるのです。

部屋のスペース的にキャットタワーを置く場所がなければ、背の高い家具の上に猫ベッドなどを設置して高さがある場所を用意してあげるとよいでしょう。

適度な狭さ

箱の中の猫

猫は、適度に狭い場所が大好きです。猫ベッドやダンボールなど、用意してあげると喜ぶでしょう。いざというときの隠れ場所にもなります。

猫が狭い場所を好むのは、野生時代の名残だといわれています。穴ぐらなどに身を隠し、敵に襲われないようにしていたからです。

ある実験では、身を隠す場所があるのとないのでは、猫のストレス度合いが違うという結果も出ています。ストレス度が低いのは、もちろん身を隠す場所がある方です。

猫が「居心地がよい」と感じられるよう、室内には必ず適度な狭さのある、猫の隠れ場所を用意してあげるとよいです。

周りに何もない

広い部屋

もし周りに何もなく、ただがらんとした部屋だったら、「居心地が悪い」と感じて猫はストレスを感じてしまうでしょう。猫にはやはり、前述してきたような環境が必要です。

日が当たり、高さと狭さがある場所。これが猫が「居心地がよい」と感じる環境だと考えられます。

猫はストレスに弱い生き物のため、ずっと居心地の悪さを感じていると、体調を崩してしまう可能性もあるのdえ、居心地がよい環境作りは必須です。

適温ではない

温度計

目に見える環境の他、温度も猫の居心地のよさと関係しています。暑すぎたり寒すぎたりしては、快適だとは思ってくれないでしょう。猫の適温は、25度前後だといわれています。

また、湿度も大切のようです。梅雨のような湿度が高い季節は、皮膚病を起こしやすい季節のよう。湿度が60%くらいに保てると、理想の環境といえるでしょう。

まとめ

むぎちゃん

せっかく猫を飼うなら、快適に過ごしてほしいと願う飼い主さんがほとんどのはずです。愛猫に居心地よく感じてもらえるような環境作りを、行っていくと喜んでくれるでしょう。

スポンサーリンク