猫から『嫌な人認定』される3つの原因!好感を持ってもらう方法とは?

猫から『嫌な人認定』される3つの原因!好感を持ってもらう方法とは?

猫に相手によって好感度は当然変わります。上手く接すれば猫との信頼関係を築いていくことができますが、その一方で接し方を誤ってしまうと「この人とはあまり関わりたくない」と思われることも…!そこで本記事では猫から「嫌な人認定」されてしまう原因について解説をしてまいります。

3598view

猫から嫌われてる!?その原因とは?

にらむ猫

「猫と仲良くなりたいだけなのに、何故か避けられている気がする」という人は実は意外と多いものです。そんな人はもしかしたら、自分の知らぬ間に猫が嫌がるようなことをやってしまっているのかもしれません。

今回はそんな方にぜひお伝えしたい「猫から嫌な人認定されてしまう原因」を紹介してまいります。人間にとってはささいに感じられる行動や仕草が原因になっている場合もあるので、ぜひ本記事を参考にして頂けたら嬉しいです。

1.猫が嫌がっているのに触ろうとする

猫を撫でる飼い主

猫も人間と同じようにその時によって気分は変わります。「触ってほしくない気分の時」や「甘えたくない気分の時」もあるのです。

猫の気分があまり乗り気ではないタイミングで無理やり撫でたり、抱っこしようとすると、猫の機嫌を損ねてしまって嫌われる可能性があるため注意しなくてはなりません。

猫とスキンシップを図りたいのであれば、猫のほうから人間に近寄ってきたタイミングで接するのがおすすめです。

2.低い声や大声で話しかけている

猫を撫でながら話しかける女性

猫は低い声や大声を怖がる傾向にあります。無意識のうちに猫に低い声や大声で話しかけてしまったせいで、いつのまにか避けられていた…というケースは実はよくあります。

特に地声がもともと低い人や、話しているうちについ声が大きくなってしまう癖がある人は気をつけたほうがよいでしょう。

猫に話しかける際はできる限り高いトーンを意識し、小声で優しく話しかけましょう。

3.猫の近くで走り回ることが多い

おびえる猫

当然ですが猫と人間ではからだのサイズが全然違うので、猫からしてみると人間はとても大きく見えます。そんな大きなからだの人間が急に近くでバタバタと走って駆け寄ってきたり、突然飛び跳ねたりしたら、猫が怖がってしまうのも当然といえるでしょう。

猫が近くにいるときはなるべくゆっくりとした動きを心がけ、余計な物音を立てないように意識するのがベストといえます。猫の立場になって考えて動いてあげるのが、猫から嫌われないポイントなのです。

まとめ

にらむ猫

猫が好きなのにその思いとは裏腹に、猫から「嫌な人認定」されるのはとても悲しいですよね。

しかし猫とのコミュニケーションの取り方や猫の習性をしっかりと抑えた上で接すれば、きっと少しずつ良い関係を築けていけるはず。根気よく関係作りをしてみるのがおすすめです。

スポンサーリンク