猫が『腕にしがみつく』のはなぜ?5つの意味

猫が『腕にしがみつく』のはなぜ?5つの意味

猫が腕にしがみつく姿はとても可愛いですよね。猫に頼られているようにも感じます。時にはキックをされて痛い思いをするときもありますが、人の腕にしがみつくとき、猫はどのような気持ちなのでしょうか。

2567view

1.甘えたい、安心する

人の腕にしがみついて寝る猫

甘えん坊な猫や大人になっても子猫のような気分でいる猫などは、母猫に甘えるように飼い主さんの腕にしがみついて甘えることがあります。

腕にしがみついて顔をスリスリこすりつけて甘えることもあります。眠くなると飼い主さんの腕にしがみつく猫もいます。密着して安心したり、あたたかくて心地よいのでしょう。

2.遊んでいる

人の手を噛む猫

猫の遊びは狩りの練習や疑似体験です。飼い主さんの腕にしがみつくのも、きょうだい猫同士など仲の良い猫が取っ組み合いをして狩りを真似て遊んでいるのと同じです。

じゃれて腕にしがみついた猫が後ろ足で何度もキックをすることがあります。爪が当たってケガをすることがあるので注意しましょう。飼い主さんの手や足などで遊ばせないようにすることも必要です。

3.不安な気持ちのあらわれ

抱っこされる灰色の猫

恐怖や不安から飼い主さんの腕にしがみついてしまう猫がいます。例えば動物病院を訪れたときに、診察台の上にいられなくて飼い主さんの腕にしがみついてしまうことがあるのです。飼い主さんに「どうにかして!」という気持ちも伝えているのかもしれません。

帰宅してからもずっと飼い主さんの腕にしがみついている猫もいます。猫の気持ちが落ち着くまでそのままにしてあげましょう。

4.自分に注目してほしい

顎をなでられて目を閉じる猫

猫は賢いので、飼い主さんにかまってほしいと思ったときにどんなことをすれば自分に注目してくれるのかを知っている場合があります。

恐らく以前、飼い主さんの腕にしがみついたときに飼い主さんがうれしそうな反応をしたこと、腕にしがみついてキックしたときに飼い主さんが痛がるなど大きな反応をしたことなどを覚えていたのかもしれません。

5.怒っている

青い服を着た人の腕に抱きつく灰色の猫

猫が嫌がっているのにブラッシングや爪切りを続けた、寝ている猫を移動しようとした、しつこくなですぎたなど、猫が怒るようなことをすると猫が腕にしがみつく場合があります。そして、噛みついたり、爪を立てて強いキックをしたりすることがあるのです。

猫はイライラしたり我慢の限界が来る前にしっぽを強く振るなどサインを出します。そのサインを目にしたら、猫を構うのを一旦やめてあげましょう。

まとめ

抱っこされる白猫

猫が飼い主さんの腕にしがみつくのは、甘えたい気持ち、不安な気持ち、構ってほしい気持ち、怒っている気持ちなどを表しています。

飼い主さんの腕にじゃれている場合もありますが、飼い主さんがケガをする可能性もあるので、腕など体で遊ばせるのはやめましょう。

愛猫が腕にしがみついてきたら、どんな気持ちや意味でそうしているのかを考えて接してあげたいですね。

スポンサーリンク