猫と『目が合ったら』どうするのが正解?安心してもらえる4つの行動

猫と『目が合ったら』どうするのが正解?安心してもらえる4つの行動

猫の目は、「とてもキレイだ」と感じる人は多いと思われます。思わずじっと見つめてしまうかもしれませんが、どうやらそれは、猫的には望ましい行動ではないのだとか…。猫と目が合ってしまったとき、どのようにするのが正解なのでしょうか?

1657view

1.そらす

目をそらした猫

もし猫と目が合ってしまったら、「そらす」とよいです。なぜなら、人と違って猫の場合、視線が合うのは「ケンカを売っている」と思われてしまうからです。信頼関係のある間柄であれば、多少目を合わせても問題はないようですが、初対面のときなどは誤解されてしまう可能性があります。

猫のキレイな目に吸い込まれそうになり、思わずじっと見つめてしまうかもしれませんが、それはNGです。さっと視線をそらせば「ケンカするつもりはありません」と伝えられるため、威嚇されたり攻撃されたりする危険性はなくなるでしょう。簡単な行動ですので、ぜひ行ってみるとよいかもしれません。

2.ゆっくりまばたきする

まばたき

猫と目が合ったときの対応として、「ゆっくりまばたきをする」という方法もあるようです。このようにすると、「敵意はありません」と伝えられるのだとか。もし猫がまばたきしかえしてくれたら、向こうも同じように思ってくれている可能性があります。

ある実験では、猫はまばたきをしてくれた人に親しみを感じ、初対面であっても近づく確率が増えたとか。非常に有効な手段であることが、証明されているようです。こちらもとても簡単にできる行動ですので、とにかく猫と目が合ったらゆっくりまばたきしてみるとよいでしょう。

3.要求に応じる

こちらを見る猫

猫がじっと見つめてくるときは、何か要求があるとも考えられます。特に飼い主さんに向ける視線には、そのような意味があると推測できるのです。愛猫が何を欲しているのか、察してあげましょう。

猫の要求にはさまざまな事柄がありますが、「ご飯がほしい」「トイレ掃除してほしい」「構ってほしい」という場合が多いです。もちろんその猫によって要求は異なるため、目を合わせてきたときはどのようなことをして欲しいのか、覚えておくことが必要かもしれません。

4.撫でてあげる

撫でる

目を合わせて猫の方から近寄ってくる場合は、「撫でてあげる」とよいです。甘えたい気持ちがあるのかもしれません。優しく声をかけつつ、撫でてあげると喜んでくれるでしょう。

猫は自立している動物ではありますが、一方で飼い主さんに甘えたい気持ちも持ち合わせているようです。もし一切の触れ合いがなかったら、それはそれでストレスを感じてしまうといわれています。

適度に甘えさせてあげることは、猫と良好な関係を作る上で必要です。

まとめ

キズナちゃん

猫と目が合ったときに一番行ってはいけない行動が、「そのまま見つめ続ける」ということです。愛猫であれば多少なら許容範囲だと考えられますが、頃合いをみてそらしたり、瞬きしたりすると安心してもらえるかもしれません。

スポンサーリンク