猫に『カツオ節』を与える時は注意を!飼い主が守るべき5つのポイント

猫に『カツオ節』を与える時は注意を!飼い主が守るべき5つのポイント

キッチンでカツオ節を使って調理していると、愛猫が興味深げに近寄ってきませんか?それほどまでに猫を魅了するカツオ節ですが、猫に与える際、注意すべきポイントがあるようです。

2433view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.猫用を与える

カツオ節

猫にカツオ節を与える場合は必ず「猫用」を与えるようにしてください。人用のカツオ節には、猫にとっては塩分が多すぎることがあるため注意が必要です。

飼い主さんが与えなくても、人用のカツオ節を猫の手が届く場所に置いておくと、匂いを嗅ぎつけて食べてしまうかもしれません。パッケージを食いちぎることは、食欲にかられた猫には難しいことではないので、手が届かないところにしまっておきましょう。

2.量に注意

はかり

猫はカツオ節が好きな場合が多く、与えれば与えるだけ食べてしまうこともあるかもしれません。ですが際限なしに与えていると、結石ができてしまう可能性も。

筆者はそれを知らず、愛猫が欲しがるだけ与えていたら、やはり結石ができてしまったことがあります。カツオ節に含まれる「ミネラル」が、原因だといわれているのです。

ミネラルは猫の体にとって必須の栄養素ですが、摂りすぎるとよくない影響が出てきてしまうよう。猫用カツオ節のパッケージに記載されている目安量を参考にして、心配な場合は少なめに与えるとよいでしょう。

3.持病がある猫には与えない

白猫

持病がある猫にカツオ節を与えると、腎臓などに負担をかけ、悪化してしまう可能性があります。そのため、与えない方がよいです。

特に腎臓や泌尿器系の病気がある猫は、注意が必要です。欲しがるからといって与えてしまうと、余計愛猫を苦しませてしまうことになるかもしれません。

また、老猫は腎臓の機能が低下している場合が多いので、与えなくてもご飯を食べてくれるのであれば与えない方が良いでしょう。

4.魚アレルギーにも注意

魚

愛猫が魚アレルギーを持っている場合もあります。アレルギーのある猫にカツオ節を与えてしまうと、かゆみや嘔吐、下痢などを引き起こすことも。ひどいときはアナフィラキシーショックが起きる可能性もあります。

一般的な検査でのアレルゲン特定は難しい場合があるので、カツオ節を初めて与える際はごく少量にして様子を見ましょう。

5.出汁にも注意が必要

出汁

カツオ節でとった出汁を与える際にも、塩分やミネラルには注意してください。カツオ節をそのまま与えるときと同様、量に気をつける必要があります。

また、味付けをした場合、猫に与えてはいけないといわれています。それこそ塩分が多すぎて、負担をかけてしまうからでしょう。もし与えるなら、味付けなしのカツオ出汁だけにしてあげるとよいようです。

まとめ

ノア&メルルくん

猫が大好きなカツオ節は、食べさせすぎると悪影響を与えてしまいます。適量を守り、楽しみが苦しみとならないよう、注意して与えましょう。

スポンサーリンク