猫から『撫でられたい』と思われる人の特徴3つ

猫から『撫でられたい』と思われる人の特徴3つ

もふもふの毛並みに仕草もかわいい猫。猫好きなら、撫でたくなってしまいます。猫の方はどうでしょうか?猫も撫でてもらいたくて寄ってくることがありますが、それは人にもよるみたいですよ。猫が撫でて欲しいと思うのは、どんな人なのでしょうか?

1939view

1.猫の撫で方が上手

ベッドの中の子猫を撫でる人

撫でられてうっとりと気持ちよさそうな表情を見せる猫。でもそれは、撫で方が上手だからです。どんな撫で方でもいいわけではありません。乱暴に全身を撫でまわすのはNG。優しくゆっくり撫でてあげましょう。

猫が撫でられて嬉しい場所をよくわかっている人が、好かれます。顔の周りや頭、背中を撫でると気持ちよさそうにしてくれますよ。

それから、撫でる時は毛並みに沿って。きれい好きな猫は、いつもグルーミングで毛並みを整えています。それを逆から撫でたら…二度と撫でられたくないと思われてしまうかも。

2.猫が嫌がることをしない

膝の上で撫でられる猫

猫は、どこでも撫でてOKなわけではありません。撫でられたくない部分もあるんです。ほとんどの猫が足の先やしっぽを触られるのを嫌がります。

猫が仰向けになっていると、ふわふわのお腹に触りたくなりますが、お腹に触るのも苦手という猫は多いようですよ。「もう撫でられたくニャイ!」なんて思われないよう、気をつけないといけませんね。

3.猫のペースに合わせてくれる

ソファに座る人に寄り添う猫

ひとりでいたい時や機嫌の悪い時に撫でられると、猫だってイライラしてしまいます。そんな時は放っておいてほしいんです。遊んでいる時や食事の最中、寝ている間も撫でない方がいいでしょう。

猫が撫でて欲しいと思うのは、マイペースな猫の気持ちを理解してくれる人。猫が甘えたい気分の時に撫でてくれる人です。

猫の気持ちを察するのは難しいこともありますが、猫が「撫でて欲しいニャ」と思っている時は、自分からその人の所へ寄っていきます。猫からのアピールに応えてあげると、喜びます。

猫を撫でるのは大切なスキンシップ

女性に抱っこされている猫

猫を撫でるという行為は、猫と飼い主との絆を深める大切なスキンシップでもあります。

好きな撫で方や、撫でられて気持ちのよい部分は、猫によって異なる場合があるので、強弱を変えたり、指先や手の甲を使うなど色々試して猫が最も喜ぶ撫で方を見つけてあげるといいですね。撫でる際は、愛情をこめて声をかけてあげましょう。

また、腕時計やアクセサリーは外して撫でて下さいね。

猫がいつものように撫でさせてくれない、触ると怒ったり唸ったりする場合は、その部分に痛みがあるかもしれません。撫でながら、体に異常がないかもチェックしてみましょう。いつもと様子が違う時は、動物病院で診てもらって下さいね。

まとめ

顎を撫でられている猫

撫でられて喉をゴロゴロ鳴らしていた猫も、やりすぎると怒らせてしまいます。そのまま続けていると、噛みつかれたり、猫パンチが飛んでくるかも知れません。猫が満足したら、そこでやめておきましょう。

猫に「撫でられたい」と思ってもらえるようになれたら嬉しいですね。

スポンサーリンク