猫が朝から大暴れ…その原因や落ち着いてもらうためにすべきこと3つ

猫が朝から大暴れ…その原因や落ち着いてもらうためにすべきこと3つ

猫が朝から走り回って運動会をすることがあります。飼い主さんはまだ寝ていたいのにそれどころではなくなってしまいますよね。なぜ猫が朝に暴れてしまうのか、どうしたら朝落ち着いてくれるのかをご紹介します。

3351view

猫が朝から暴れる原因

ジャンプする茶トラ猫

1.狩りをするため

猫は狩りをする生き物です。猫が獲物とする動物が活動を開始するのは日の出直後の薄暗い時間帯です。その時間帯は猫にとって狩りに適しているため朝に活発になると言われています。

人間と暮らしている猫は、飼い主さんがごはんを用意してくれるので狩りをする必要はありませんが、本能的に朝の薄暗い時間になると活発になってしまうようです。我が家の猫も早朝に鳥の鳴き声が聞こえてくると起きて活動を開始することがあります。

2.退屈

猫が早朝や夜中などに走り回ったり暴れたりすることは「運動会」と呼ばれています。

運動会をするのは、子猫~2歳くらいの若い猫に多く、まだまだたくさん動けるのにエネルギーが有り余っていて、それを発散するために暴れているケースがあります。昼間の時間が退屈であることが原因です。

3.ストレス

猫は環境の変化に敏感です。飼い主さんの生活に変化があった、同居猫が増えた、飼い主さんがストレスを感じていることなどが、猫のストレスとなり暴れたりたくさん鳴いたりすることがあります。また、季節の変わり目や、朝の寒さや暑さなどがストレスとなっている場合もあります。

我が家の猫は季節の変わり目の肌寒くなる時期になると、深夜や早朝に走り回って暴れたり、鳴いて落ち着かなくなったりすることがあります。

猫に落ち着いてもらうためにできること

人の背後に座る猫

1.飼い主さんが生活リズムを作る

猫は人間と暮らしていくうちに、人間に合わせて生活をするようになります。つまり、飼い主さんができるだけ毎日決まった時間に行動することがポイントです。

朝ごはんの時間、寝る時間などを毎日同じにすることで猫も同じように行動し、朝から暴れることがなくなる可能性があります。

2.遊びや運動をする

エネルギーを発散させるために、おもちゃで遊んだり、運動できる環境を用意してあげましょう。

猫は持久力がないので、遊びは1回10分程度で満足してくれます。1日に数回遊んであげましょう。猫じゃらしなどのおもちゃをねずみや虫、鳥の動きを真似て動かすと猫の狩猟本能を刺激してより楽しんでくれます。遊び終わったら誤飲を防ぐためにおもちゃは片付けましょう。

キャットタワーや家具など上り下りできるようにすると、飼い主さんが留守の間も猫が運動できます。高い場所から周りを見渡せることは猫のストレス対策にもなります。

3.ストレスを取り除く

日ごろから猫が何に対してストレスを感じているのかをチェックして、対処してあげることが必要です。

猫がひとりでリラックスできる場所など、ストレスを感じにくくできる環境作りもしてあげましょう。気温差がストレスとなっている猫には、季節に合わせて猫ベッドを変えたり、冷暖房を活用して室温を快適にしてあげると落ち着いてくれるでしょう。

まとめ

高い場所から飛び降りる猫

猫が朝から暴れてしまうのは、狩りをする生き物であること、エネルギーが有り余っていること、ストレスを感じていることなどが原因として挙げられます。

年齢とともに落ち着いてくることもありますが、猫がどのような理由で朝から暴れてしまうのかを観察しながら判断し、適切に対処してあげましょう。

スポンサーリンク