猫飼いさんは注意を!猫が口にすると危険な『飲み物・食べ物』5つ

猫飼いさんは注意を!猫が口にすると危険な『飲み物・食べ物』5つ

世の中にはたくさんの飲み物や食べ物がありますが、その中で猫が口にすると危険な物があると思われます。どのような飲み物、食べ物が該当するのでしょう?注意した方がよいと思われるものを5つ、まとめてみました。

619view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.飼い主さん用に味付けしたもの

料理

猫が口にすると危険な食べ物として「飼い主さん用に味付けをしたもの」が挙げられます。なぜなら、人間がおいしいと感じる味付けは、猫には塩分などが濃すぎるからです。摂りすぎた塩分は腎臓に負担がかかるため、猫の体によいとはいえません。

猫に与えるのであれば、味付け前のものがおすすめです。たとえば肉や魚、野菜のスープであれば、水で煮ただけのものを与えるとよいでしょう。猫の分を取り分けてから、飼い主さん用に味付けを行うとよいかもしれません。

2.キシリトール

ガム

猫に「キシリトール」は有害だとされています。消化のしかたが人とは異なり、インシュリンが大量分泌されるのだそう。すると低血糖症となり、昏睡状態など危険な状態に陥る可能性が考えられるのです。

キシリトールは人の歯磨き粉に入っていることがあり、猫にそれを使用するのは絶対にやめた方がよいでしょう。

3.アボカド

アボカド

「アボカド」に含まれる「ペルシン」という成分が、猫に中毒症状を起こさせるといいます。アボカドは実に千種類以上あるとされており、日本で流通している種はペルシンの含有量が多いようです。

観葉植物としても飾られる場合がありますが、猫が葉をかじり嘔吐してしまったという話もあるのだとか。アボカドが含まれるキャットフードがありますが、ペルシンの少ないアボカドを使っていたり、製造段階で無毒化していたりすると考えられます。

猫がアボカドを食べたからといって、すぐに重大な中毒症状が出るとは限りません。しかし、嘔吐や下痢などが出た場合には注意をする必要があります。

4.野菜ジュース

野菜ジュース

体によさそうな「野菜ジュース」ですが、食塩が添加されていたり猫には毒となる玉ねぎが入っていたりする場合があるため、与えない方がよい飲み物のひとつです。

しかし、100%の食塩無添加なトマトジュースであれば、飲ませても問題はないでしょう。もし猫に野菜を与えたいのなら、市販の野菜ジュースを利用するのではなく、飼い主さんが調理をして与えてあげるとよいかもしれません。

猫に毒とならず与えてもよい野菜はたくさんあるため、柔らかく煮て細かくカットして与えれば栄養補給ができます。

ただ猫は野菜を食べなくてもしっかりキャットフードを食べていれば栄養がとれますのでわざわざあげることはありません。

5.栄養ドリンク

栄養ドリンク

人が飲むと元気がでると思われる「栄養ドリンク」ですが、猫には毒となるカフェインが入っている場合があるため、与えない方がよい飲み物です。

飼い主さんが飲んでいるときに愛猫が興味を持ったとしても、与えないようにしましょう。

また同様の飲み物で「スポーツドリンク」がありますが、これも猫に与えない方がよい飲み物のひとつ。塩分や砂糖、ミネラルの含有量が猫にとっては多いためです。

猫用のスポーツドリンクであれば、与えても問題はないかもしれません。

まとめ

こちらを見る猫

人と猫では、食べたり、飲んだりしても大丈夫なものが大きく異なります。与える前に必ず、与えても問題がないかを確認すると安全だと思われます。

スポンサーリンク