猫と『初対面』で仲良くなる方法はある?試したい5つのアイデア

猫と『初対面』で仲良くなる方法はある?試したい5つのアイデア

猫と初対面のとき、すぐ仲良くなりたい!と思う方は多いかもしれません。どのようにアプローチすれば、仲良くなれるのでしょうか?試してみたいアイデアを5つ、ご紹介いたします。

806view

1.まばたきをする

まばたき

まばたきをするのは、初対面で仲良くなる方法のひとつです。

猫に向かってまばたきをすると、初対面の猫でも仲良くなれるという研究結果があります。まばたきには、「猫をリラックスさせるという効果があるのでは?」と考えられているようです。

まばたきをすると「敵意はない」ことを伝えられると以前からいわれていたため、その確証が研究で得られたということなのかもしれません。

初対面の猫と視線が合ったとき、そのまま合わせていると威嚇されてしまう可能性があります。目をそらすかまばたきをして、もしその気がないのなら「敵意はない」と伝えてあげるとよいでしょう。

2.追いかけない

寝そべる猫

猫は、相手の方から近寄って来られるのが苦手だと考えられます。そのため、初対面の猫に近づくと、さっと逃げられてしまうかもしれません。仲良くなりたければ追いかけたい気持ちを抑え、向こうから近づいて来るのを待つとよいです。

忍耐が必要になりますが、猫の方から興味を持って近づいてきてくれた方が、仲良くなるまでの時間は短くなるでしょう。

3.落ち着いた態度でいる

猫と高齢者

猫は落ち着かない動きが苦手です。突然立ち上がったり走り出したりすると、ビックリして逃げてしまうこともあります。

初対面の場合、特に警戒心が強いのでビックリさせると仲良くなるまで時間がかかってしまう可能性も。常に落ち着いた態度でゆっくり動けば、この事態は避けることができると考えられます。

猫が好むのは高齢者の動きなのだそうです。お手本にしてゆっくり静かに動くようにすると、よいかもしれません。

4.目線を猫と合わせる

仲良し

目線を猫と合わせるのも、仲良くなる方法のひとつです。

目線を猫を合わせるといっても、バッチリ目を合わせるという意味ではありません。猫と人では圧倒的な身長差があるため、人が立った状態だと上から見下ろす形となり威圧感を与えてしまうことがあります。

しゃがんで猫と同じ目線に立てば、初対面の猫でも安心させられるでしょう。

5.高めの声で話しかける

ソファーに座る男性と猫

初対面の猫とコミュニケーションをする際は、高めの声にするとよいと言われています。

低い声は猫にとっての「敵」を連想させてしまうため、逃げられてしまうことも。高めの声は、子猫などの危険を感じない存在をイメージさせられるため適しているのです。

また声のボリュームは、大きいより小さめの方がよいでしょう。猫はちょっとした物音にも敏感に反応するため、大きな声には驚き警戒される可能性があります。

まとめ

くぅくん

初対面の猫へのアプローチ法を知っているか知らないかで、仲良くなるまでの時間は変わってくるかもしれません。ご紹介した方法を試すと、より短時間で仲良くなれると考えられます。

スポンサーリンク