猫が『助けて欲しい』のはどんな時?5つのシーン

猫が『助けて欲しい』のはどんな時?5つのシーン

俊敏で自立している猫は、あまり誰かに「助けてほしい」と感じることはなさそうですが、それでもこんなときは、さすがにそう感じるのではないでしょうか?考えられるシーンをまとめてみました。

1191view

1.降りられないとき

高いところにいる猫

猫は高いところに登るのが得意な場合がありますが、一方で登ったはよいけれど降りられないというケースもあるとか。そんなときは「助けてほしい」と感じているかもしれません。

愛猫が降りられなくなる事態にならないよう、外には出さないというルールを守った方がよいでしょう。

また家の中でも降りられなくなる場合があるよう。あまりに高いところは作らないのも、予防法のひとつです。

2.渡れないとき

座る猫

猫は細い場所や高い場所を渡るのが得意というイメージがありますが、こと子猫の場合はまだ上手く渡れない場合があるようです。

渡りたいけれど渡れないため「助けて!」と感じているかもしれません。家の中ではあまり遭遇しないシーンのような気もしますが、外ではたまに見られる光景です。

もし渡れない猫を見かけた場合は、可能なら助けてあげるのもよいでしょう。

3.爪がひっかかったとき

猫の爪

猫の爪は先端が細くなっているため、たまにカーペットや網戸などに引っかかってしまうと考えられます。

自力では外すことができず、悲しげな声をあげることも。猫自身が外そうと力一杯引っ張ると、爪が取れてしまう可能性が考えられます。

もし愛猫の爪が引っかかっていたら、大けがにつながる可能性があるので、そうなる前に助けてあげるとよいでしょう。

4.具合が悪いとき

抱っこされる子猫

具合が悪いときも「助けてほしい」と思っているかもしれません。猫は体調の悪さを隠す生き物だと考えられていますが、どうしようもないときは、助けてほしいと感じるかもしれないのです。

愛猫の様子をいつも観察し、おかしなとこはないかをチェックしておくとよいと思われます。

もし何かしらの異常を感じた場合は、動物病院に連れていくなどして対応しましょう。早期発見がよい方向に働くことも多いと思われます。猫は自分で「具合が悪い」と伝えられないため、飼い主さんが気をつける必要があります。

5.野良猫生活をしているとき

野良子猫

外で暮らしている野良猫は、過酷な生活を強いられているようです。さまざまな危険が隣り合わせで、いつも命がけだと思われます。

ケガをしたり病気になったり、助けてほしいと感じることは少なくありません。そうではなくても日々のご飯を得るだけでも大変です。もし野良猫に遭遇したら、保護してあげるとよいでしょう。

まとめ

からまった猫

猫が助けてほしいと本当に思っているかは分かりません。しかし、人ができることがあれば、してあげるとよいでしょう。

スポンサーリンク