新しい猫を迎えた飼い主さん必見!『飼い主に慣れた猫』がみせる3つの変化

新しい猫を迎えた飼い主さん必見!『飼い主に慣れた猫』がみせる3つの変化

新しくおうちにお迎えしたばかりの猫は、個体差はあれど、初めのうちは緊張していたり環境に慣れないことも多いです。しかし、猫に対して真摯に向き合いお世話をしていけば、そのうちだんだんと飼い主さんにも慣れてきます。そこで今回は、猫が新しい飼い主さんに慣れてきた時に見せる3つの変化について紹介してまいります。

949view

飼い主さんに慣れた猫が見せる変化とは?

ムクっと起き上がった猫

猫を新しくお迎えしたばかりの頃は、猫も飼い主さんもドキドキするもの。

特に新しく家にやってきた猫は見慣れない環境や見知らぬ飼い主さんにびっくりしてしまうこともあるでしょう。

しかし、最初のうちは緊張がほぐれなくても、時間が経つにつれだんだんと飼い主さんに慣れてきます。

飼い主さんに慣れてきた時、猫はどのような変化を見せてくれる傾向にあるのか、紹介をしてまいります。

1.飼い主さんの近くに自ら寄ってくる

甘えている猫

新しい飼い主さんに対して緊張していたり警戒している時は、あまり積極的に飼い主さんに近寄ろうしない猫がほとんどです。

まだ心を許していない人が相手なので当然といえば当然の反応ですよね。

しかし、飼い主さんと信頼関係を築いて心を開いていくうちに、猫のほうから近寄ってきたり甘えてくるケースは非常に多いです。

慣れてくるにつれて飼い主さんに近寄ってきて、膝の上に乗るようになったり、スリスリとからだを擦りつけるようになる猫もたくさんいます。

とにかく根気よく信頼関係を築いていくことが大切といえるでしょう。

2.飼い主さんに背中を向けることが多い

猫の背中

猫は警戒している相手に対して、背中を向けたがらない傾向にあります。

警戒中の相手に背後をとられるのは、猫にとって「無防備な状態」といえるからです。

しかし、自分にとって悪い人ではないことが分かり、信頼して良い相手だと認識してくれると背中を向けてくることも多くなります。

もちろん繊細な猫や神経質な猫の場合は、たとえ信頼している相手であっても背中を向けないようにしていることもあるため一概には断言できないかもしれません。

とはいえ、猫が慣れてきているかどうかを判断する時の材料のひとつにはなるでしょう。

3.仰向けでリラックスしていることが多い

段ボール箱で仰向けで眠る猫

猫にとって弱点となるのは背中だけではありません。お腹もあまり見せたくない弱点のひとつといえます。

ですが「ここなら絶対安全」「いま自分の周りにいるのは危害を加えない仲間しかいない」と思っているときは、弱点であるお腹を堂々と見せた状態で眠る傾向にあるのです。

つまり、飼い主さんの目の前で仰向けになって、お腹を見せるようなポーズで眠っていたりくつろいでいたりする場合は慣れてきたサインといえるでしょう。

まとめ

うるうるな瞳で見上げてくる猫

お迎えしたばかりの頃はなかなか心を開いてくれなかったり、お互いに緊張してしまうこともあるでしょう。

しかし、月日を重ねることによって少しずつ仲良くなっていけば、そのうち「慣れてきた時に見せるサイン」を示してくれるかもしれませんよ!

スポンサーリンク