猫に『飲ませていい物・ダメな物』5つ!与える時の注意点とは?

猫に『飲ませていい物・ダメな物』5つ!与える時の注意点とは?

猫が口にしていい飲み物とダメな飲み物があるようです。一体どのような飲み物ならOKで、どのような飲み物はNGなのでしょうか?与えるときの注意点も合わせてチェックしていきましょう。

1478view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

【飲ませてOK】1.味付けなしスープ

飲む猫

猫に飲ませてよいものとして「味付けなしスープ」が挙げられるようです。たとえば、お肉やお魚を茹でたスープなどが考えられます。味付けをしてしまうと猫には塩分が高くなってしまうと思われますので、味付けはしないでそのまま与えるとよいようです。

人肌程度に冷ましてから、与えてあげるとよいと考えられます。ドライフードだけの食事の場合、水分が足りなくなってしまうことがあり得るため、味付けなしスープを与えると、適度な水分補給ができるようです。

特に冬は飲水量が減り、乾燥しやすくなるようですので、ドライフードなどと一緒に与えてあげるとよいかもしれません。

【飲ませてOK】2.猫用ドリンク

ミルクを飲む猫

猫用ミルクや猫用スポーツドリンクなど、猫に向けての飲み物があるようです。それらなら、猫に飲ませても問題はないと考えられます。それでも与えすぎはよくないため、適量を守るようにした方がよいでしょう。

猫用ドリンクで栄養補給や水分補給を行うと、愛猫の健康にプラスに働く場合があります。必ず必要というわけではないようですが、愛猫に特に栄養や水分を与えたいという場合は、利用してみてもよいかもしれません。

【飲ませてOK】3.カフェインなしのお茶

麦茶

麦茶や黒豆茶など、カフェインなしのお茶も猫に飲ませても問題がないようです。

ただ、ミネラルが多いと猫には適さないことがあるとか。与える前に必ず栄養成分を確認し、ミネラルが少ない製品を選ぶとよいと考えられます。

麦茶には血圧を下げる働きがあり、黒豆茶は老化防止や血流の増加などが望めるようです。

愛猫に合ったお茶を選んであげるとよいと思われます。

【飲ませるのはNG】4.アルコール

アルコール

アルコールは、絶対猫には与えてはいけない飲み物です。猫は人間のように、アルコールを分解できません。場合によっては中毒を起こすこともあります。

酔っ払うのが面白くて、ふざけて飲ませるのはNGです。猫の健康を考えたら、アルコールは飲ませてはいけないと思われます。

もし愛猫が誤飲してしまったときにはすぐさま、動物病院に連絡するか受診して対処する必要があると考えられます。

【飲ませるのはNG】5.カフェイン入りの飲み物

コーヒー

カフェインの入った飲み物は、与えてはいけません。猫がカフェインを摂取すると中毒を引き起こし、場合によっては死に至ることがあるそうです。

カフェインというとコーヒーが思い浮かびやすいかもしれませんが、他にも紅茶やココア、ウーロン茶などの身近な飲み物にも含まれています。それらを猫が口にすることがないよう注意しましょう。

まとめ

舌を出している猫

泌尿器疾患での水分補給や栄養補給などの目的があり、水以外の飲み物を与える場合があるかもしれません。その際には必ず、猫に与えても大丈夫かどうかを確認するとよいと思われます。

スポンサーリンク