猫が『新しい毛布』を嫌がる理由4つ!気に入ってもらう方法とは?

猫が『新しい毛布』を嫌がる理由4つ!気に入ってもらう方法とは?

猫のために新しい毛布を用意したのに、猫が使ってくれないことがあります。それは、猫が新しい毛布をすぐに使いたくない理由があるからです。猫が新しい毛布を嫌がる理由と、猫に毛布を使ってもらうための方法をご紹介します。

595view

1.知らないにおいがする

ソファーに横になる人の横にいる猫

猫は体をこすりつけるなどして自分のにおいを残し、縄張りを主張します。

そのため、知らないにおいに対しては警戒してしまう生き物です。

飼い主さんが猫のために新しい毛布を用意しても、その毛布についたにおいを警戒して嫌がってしまうことがあるのです。

においに警戒してしまう猫に新しい毛布を使ってもらうには、買ってきた毛布を猫の前に出す前ににおいを落とす作業をします。

毛布を干す、洗える毛布ならペット用品洗剤もしくは洗剤なしで洗濯してみましょう。

また、猫に渡す前に飼い主さんが毛布を使ったり、猫が普段使っているおもちゃや今まで使っていた毛布と一緒に置いたりすることで、猫が知っているにおいがつき、安心しやすくなります。

2.素材や毛足の長さが好みではない

毛布の上で寝る子猫

猫によって毛布の好みは様々です。化学繊維や天然繊維の好みがある場合があります。

また、毛布の毛足が短くサラッとした肌触りが好き、毛足が長くふんわりしたものが好きなどもあります。

我が家の猫は毛足の長いふわふわしたものが苦手でその上を歩くこともしません。

普段猫がどんな場所でリラックスしていることが多いのか観察したうえで、好みと思われる毛布を買ってみてはいかがでしょうか。

いくらかお金がかかるかもしれませんが、色々試してみて、最終的に猫が気に入ってくれる毛布を見つけましょう。

なお、毛布などの布をなめたり吸ったりすることがある猫は、誤飲に注意しましょう。

我が家の猫は毛づくろいをしながら毛布をなめることがあるので、ボア毛布やフリースなど猫のザラザラした舌に引っかかりやすいものはなるべく置かないようにしています。

3.毛布が置かれた場所が好きではない

ソファーの上で毛布に包まる猫

人がよく通るなど騒がしい場所では猫は落ち着いて寝ることができません。

新しい毛布を置いた場所が気に入らなくて、毛布を嫌っているように見えている場合があります。

警戒心が強い猫なら、毛布を置いた場所が悪いとより警戒してしまうこともあります。

猫が普段どのような場所を好んで寝ているのかを観察して毛布を置くと、もしかしたら使ってくれるかもしれません。

4.慣れるのに時間がかかる

毛布の上に座る三毛猫

猫が新しい毛布が嫌いというわけではなく、今までなかった物に慣れるのに時間が必要なだけの場合もあります。

猫がいるスペースに新しい毛布を置いておくと、そのうち使い始めることがあります。

慣れさせようと無理に毛布の上に猫を乗せたり、寝ている猫に毛布をかけたりしないで気長に待ってみましょう。

まとめ

椅子の上に寝そべる猫

猫が新しい毛布を嫌がるのは、におい、素材、場所が好みではないという理由が挙げられます。

干したり、飼い主さんが使ったりしてから猫に渡すことで、においの問題は解決する可能性があります。

毛布の素材や毛布を置く場所は、猫を観察して好みを見つけてみましょう。

また、慣れるのに時間がかかっているだけの場合もあります。

猫が毛布を気に入ってもらえるように、焦らず色々な方法を試してみましょう。

スポンサーリンク