猫が『服の中に入る』のはなぜ?5つの気持ち

猫が『服の中に入る』のはなぜ?5つの気持ち

猫が飼い主さんの服の中に入ってしまうことがあります。服の中でじゃれていたり、袖の中にすっぽり入っていたり、とても可愛らしい姿ですよね。猫がなぜ服の中に入るのか、どのような気持ちでいるのかご紹介します。

653view

1.狭さと暗さが落ち着く

服の間に入る猫

猫は狭くて暗い場所に好んで入ります。

それは「敵から身を守れる」という理由があるからです。

服の中は薄暗く、体にフィットする空間であるため、猫にとって落ち着く場所となります。

服の袖にすっぽり収まってまったりする猫もいます。

我が家の猫は、私が筋トレで腕立て伏せのような姿勢でいると、服の裾から入ってきて中で丸くなって落ち着いてしまいます。可愛くて筋トレどころではありません♡

2.狭い場所に興味がある

重なった服の間から顔を出す猫

猫の獲物となる生き物は暗くて狭い場所にいることがあり、狩猟本能から猫はそういった場所に興味を持ちます。

服の裾など隙間から服の中へ入り、中に何があるのか確かめたくなってしまうのです。

飼い主さんが着ている服の中にはいり、じゃれて遊ぶ猫もいます。

3.あたたかくて心地よい

毛布に包まる猫

服の中に入ると毛布に包まっているようにあたたかいため、好んで入る猫もいます。

ふわふわした生地の服の場合、猫が服の中で前足を交互に動かし「ふみふみ」をしてリラックスすることもあります。

また、飼い主さんが着ている服の中にもぐると、飼い主さんの体温であたたかく過ごせるので、それが好きな猫もいます。

飼い主さんも猫の体温であたたかいですよね。

ただし、これは冬限定の行動である猫が多いかもしれません。

4.飼い主さんのにおいで落ち着く

ズボンの中で寝る猫

甘えん坊な猫は、飼い主さんの服の中に入ると、飼い主さんのにおいがするので安心します。

飼い主さんが外出でいないときや、構ってもらえないときなど、不安や寂しさを感じているときに服の中に入ることで安心しようとしているのです。

服の中に入らず、飼い主さんが脱いだ服の上に座るのが好きな猫もいます。

5.飼い主さんとくっつけてうれしい

フードに入る猫

飼い主さんのことが大好きな猫は、できるだけ飼い主さんとくっついていたいと思っています。

その気持ちから、飼い主さんが着ている服の中に入ってしまうこともあるのです。

服の中に入ってしまえば、ずっとくっついていられますよね。

そんな飼い主さんにいつもくっついていたい猫は、カンガルーのポケットのようになっている抱っこ用のエプロンやパーカーも喜んでくれるかもしれません。

まとめ

ジーンズに入る子猫

猫が服の中に入るのは、猫が好きな狭い空間であること、飼い主さんのにおいやぬくもりを感じられることが理由です。

興味津々な気持ちや、安心したいという気持ちで服の中にはいることが多いでしょう。

猫が服の中に入っていたら、猫が満足するまでそっと見守ってあげましょう。

スポンサーリンク