猫の『鼻チュー』には理由がある!知っておきたい4つの事

猫の『鼻チュー』には理由がある!知っておきたい4つの事

猫同士が鼻と鼻をくっつけ合っている姿を見たことがありませんか?いわゆる鼻チューと呼ばれているもので、ほほ笑ましいですね。猫は飼い主に対しても鼻チューをしてくることがあります。猫の鼻チューには、どんな意味があるのでしょうか?

1279view

1.挨拶をしている

窓辺で鼻チューをする2匹の猫

猫は他の猫と出会った時、鼻と鼻をくっつけ合うことで挨拶をしています。

鼻チューをする間柄は、友好的な関係です。

仲良しの猫同士が出会うと、よく鼻チューをしているようですよ。

複数の猫を飼っている場合、同居猫同士で鼻チューをすることがあります。

これは、関係が良好ということです。猫だけでなく、人間にも挨拶として鼻でツンツンとつついてくることがあります。

2.情報収集をしている

屋外で鼻チューをする2匹の猫

猫はお互いに鼻を近づけることで、相手のにおいを嗅いでいます。

猫は嗅覚が優れているので、においを嗅ぐことで、多くの情報を得ることができるのです。 

久しぶりに会った猫とは、本当に知っている相手なのか、敵意はないのか、どこに行っていたのか、などを確認しているのだそうです。

その場合は、知りたいことがたくさんあるので、鼻チューの時間が長くなるようです。 

3.愛情表現

顔を近づける猫の親子

親猫と子猫の鼻チューは、愛情表現という意味もあります。

飼い主に対しても愛情表現で鼻チューをしてくれることがありますよ。

そんな時は、優しく撫でてあげたり、猫の気持ちに応えてあげたいですね。

大好きな飼い主のにおいを嗅いで安心したい、甘えたいという気持ちもあるようです。

鼻チューは、猫から飼い主への愛情表現でもありますが、もちろん、猫の愛情表現は鼻チューだけではありません。

鼻チューをしてくれないからといって、信頼されていないわけではないので、心配しないで下さいね。

とくによく鼻チューをするのは、甘えん坊の猫が多いようです。

4.要求がある

鼻チューをする猫と少女

飼い主に対して鼻チューをしてくる時は、要求があることも考えられます。

ごはんや遊びの相手、トイレの掃除などのお願いごとがある時には、猫は様々な方法でアピールしてきますね。鼻チューもそのひとつなのです。

猫が要求で鼻チューをしてくる時、何を言おうとしているのか、わかってあげられるといいですね。

まとめ

大きな猫の鼻にチューする子猫

とてもかわいい猫の鼻チュー。人間に対しても鼻でツンツンしてくれることがあります。

猫が飼い主の体に鼻でツンツンしてくれると、鼻チューでお返ししたくなりますが、そこはちょっと気をつけなければなりません。

猫の口内には様々な細菌が常在しており、人間に感染するものもあるからです。

猫にとっては無害でも、人間が感染すると病気を発症してしまうことがあります。

鼻チューをする時は、口を舐められたりしないよう注意しましょう。

それに、猫にいきなり顔を近づけると、びっくりして猫パンチをお見舞いされてしまうかも。

猫と鼻チューをしたい時は、指を差し出すのもいいかもしれません。

人間の指先は猫の鼻と似ているので、可愛らしく鼻チューをしてくれます♪

スポンサーリンク